« オタクと恋愛感 | トップページ | アナログ漫画家は滅ぶ »

アナ漫デジ漫

 バクマンの話題が出た時の話。相手は某編集者

「これ、すごい違和感あるんすよー」

 ジャンプシステムありきとか、そんなとこですか

「いや、今の若い子はみんなデジタルなんですよ」

 何割ぐらいがデジタルですか? と聴いたら

「自分の受け持ちは全員ですよ。下絵からSAIとかフォトショで、紙で描いたことのない子もいますよ

 ……。ちょっと呆気に取られました。そっち方面とはいえ完デジ化してるとは。

「なので直接打合せとかあまりしないっすねー」

 ………。ラフスキャンをJPEGにして、転送サービス使って打ち合わせしてるんだとか。

「編集部で、コマごとに見ながらとかチェックとかないっすねー。プリントアウトすれば出来るけど何か違うってか.赤入れもレイヤー重ねてやってますよ

 ペン先が生産されなくなったり、トーンが買いづらくなっているのでアナログ漫画家は不利になる一方で、デジ絵型のほうが編集部の作業コスト的にも重宝されるんだとか(写植代がかからない)。 PCが安くなったことと、「コミックスタジオ」(ソフト)が実用レベルになったことがきっかけのようで、予想はしてましたが思った以上のペースでデジ化が進んでいるのでした。

|

« オタクと恋愛感 | トップページ | アナログ漫画家は滅ぶ »

オタク考察」カテゴリの記事