« 定額給付金をどう使うか? | トップページ | 定額給付金をどう使う? »

個人発注というクライアント

 個人でイラストだのマンガだの発注出来ないかという話。

 実際にそういう依頼を受け付けているサイトもあるようですが、マッチングエージェントとしての力量が分からないので紹介は省きます。

 イラスト、マンガ類の個人発注が可能になれば、驚くほど仕事は増えるのではないかと思うのです。「そんなプライドの無い仕事は出来ない」という作家さんもいるかと思いますが、もはやそんなこと言ってる場合でもありません。

 要は、他人に隷属せずに作家業が出来るかがポイントだと思うのです。

  • 著作権は書き手側に所属する。(出版等は作者側の意図で行われる)
  • 依頼主は個人の使用権利内のみで利用できる。(PVイラストとか、HP画像とか)

等が最低条件かと思います。

 問題は納品基準となるでしょう。依頼主が「気に入らない」と何度もリテークを出すようなら、個人依頼を引き受ける作家はいなくなるでしょう。

 一方でクライアント側も有料で依頼する以上、「自分が満足すること」が価値基準となります。実にやっかいな障害です。

  • 作者側にキャンセル権があること

 が必要不可欠でしょう。 要するに「金はいらないから、この仕事やーめた」と言えるかどうかです。 ここは描き手側に有利にしないと未払いの拘束で、いつまで経っても次の仕事に進めないという結果になりかねません。

 ある程度個人依頼の段取りが明文化されていれば、個人発注の仕事量が増えて経済的に良い結果が出るかと思います。

 個人的に某マンガ家さんに未完漫画の続編執筆依頼したいですわー。

|

« 定額給付金をどう使うか? | トップページ | 定額給付金をどう使う? »

オタク考察」カテゴリの記事