« クリエイターズカフェ | トップページ | 親父より怖い親死 »

米アカデミー賞

日本がらみで二賞受賞。

 つみきのいえは3DCGIアニメ映画の中での手書き風アニメなので、センスが問われた作品であったと思います。ROBOTという製作会社が関わっていて、「サンキューフォーロボット」の受賞コメントが、笑いをとっておりました。ジョークだと思われたのかな。

 「おくりびと」は外国語映画賞、邦画初受賞!とか言われてるので、早速アニメ(千と千尋の神隠し)は邦画じゃないのか!と突っ込み多数。 いい映画ではありますが、どうも映画的な仕掛けがいまいち肌に合わなかったので、なんとも微妙。

 助演男優賞は「ダークナイト」のヒース・レジャー。久々の大型悪役登場だったので惜しまれるところです。遺作はテリー・ギリアム監督の「パルナッサス博士の想像力」なんだとか。これを機に薬物障害にももっとスポットをあててほしいものです。

 特殊効果賞は年寄り姿で生まれてどんどこ若返る、「ベンジャミン・バトン」。年寄り姿が、メイクではなくてCGI合成だったとは!

|

« クリエイターズカフェ | トップページ | 親父より怖い親死 »

ニュース」カテゴリの記事