« 某賞のはなし2 | トップページ | クリエイターズカフェ »

新人三点セット 精神力

 精神力は、何となく頑張れば何とかなりそうですが、そういうものでもないようです。

「描いたものの欠点を言われて、また書いてくる気があるかどうかですね。こちら側としては一応プロな訳ですから、言ってることはプロ基準なんですよ。「初めて描いた」とか「がんばりました」とか関係ないです

「ひどい編集になると、目の前で原稿放り投げるヒトがいたそうです」

 ほうほう

「そしたら、持ち込みに来た子がカッとなって原稿破いて、そこのゴミ箱に捨てて帰っちゃった。以来、持ち込み原稿見るとこにはゴミ箱おかなくなりました」

 短気は損気です。

「こちらも、人の子ですからあまり熱心にみてられないこともある。僕の場合「また描いて持って来て」は見込みのある人にしか言わないんだけど、社交辞令としか思われてないようで次のアポイントメント取ってくる人は半数以下ですね。もうちょっと粘って欲しい」

「ダメ出しはどうしても出るんですよ、読ませる何かがなければ上には伸びないし、自分では気がつかないことも多いんだから」

 ダメ出しヘタの人もおるようですが

「ええ、確かにいます。新人ぶっ壊すだけの人間。こっちもやばい人材は回さないようにしてるのですが(もにゃもにゃ)」

 もにゃもにゃ。あと締め切り間際のプレッシャーとか

「描けなくなって、相談されるときはまだ良いんですが、逃げたりされると人間関係途絶ですね」

「ギャグものを始めると3.4回でネタが尽きて、ダラダラになりますね。ほのぼのとかゆるゆるとか言ってますが、あれはネタが(もにゃもにゃ)

 やばすぎるので書けません。

「締め切り際にキレぎみになるのはわかりますが、こっちもキレ気味なんですよねー」

「修羅場の一分一秒で、どれだけクオリティあげるかという集中力は大事ですよ」

辛いときほど、人間性が試されると思っていただければ

 以上編集側の要望話をまとめてみました。

|

« 某賞のはなし2 | トップページ | クリエイターズカフェ »

オタク考察」カテゴリの記事