« 新人三点セット 体力 | トップページ | 新人三点セット 精神力 »

某賞のはなし2

 別の新人賞の話

「うちは、ヤラセ無しのガチンコ勝負ですよー、ただ送ってきたモノがすべてなので、レベルの低い時は目もあてられない。これがうちの新人です!ってのが選べないわけですよ」

 レベル問題がいろいろとあるようです。

「一次審査ってのは、論外をはねつけるとこですね。 規格外にはうるさいので表紙をカラーにしたりとか、設定書を添付しても無駄などころか、アルバイト編集に一蹴される可能性がありますので、みんな規格は守ってね(はぁと)

 一次は基本的なふるい落としのようです。

「二次審査になると編集部員で手分けします。ここで問題なのはみんなで全部見るといいんだけど、ゴッソリ束のここだけってなると、その面白さが分かる人間が見ない可能性があるわけですよ」

 そういう場合は

「編集者の担当個性があれば、その人に見て貰います。それが出来ない場合は残念なことに…」

 とほほ

「持ち点とかでランク決めします。「作画5 お話2」みたいな感じで。自分の受け持ち分から良いのを選出して、二次選抜会議で選出します」

 その時の問題とかは

「選者の個性が出ること、言いたか無いけどプロの編集者がろくなことを言わ…げふんげふん」

 げふんげふん。

「三次選考になると、社の幹部クラスとか選考委員とかの出番になりますが、ここでも人の子が選抜するので、自分と同じ傾向の作品を潰したがる人とかいるわけですよ。「人物が描けてない」っておまえのことじゃんか! みたいな」

 げふんげふん

「選考員の傾向は、本気で気にしといたほうがいいですよ。過去の受賞コメントとかちゃんとチェックしておいたほうがいい。一人でも本気で押せばかなり傾きます。なんだかんだで話し合いですから」

 そこでワイロとか疑心暗鬼になりそうですが

「理不尽な押しは通らないと思いますよ。ここまで残るぐらいの高い実力が必要」

 傾向と対策とかは

「その雑誌にない、フレッシュなアイデアと技法。これが勝利条件。人気作と似たのは不要、多いけど(笑)。あととりあえず応募してみましたとか、賞金だけ稼ごうみたいな態度はNGです」

|

« 新人三点セット 体力 | トップページ | 新人三点セット 精神力 »

オタク考察」カテゴリの記事