« モラルハラスメント | トップページ | 同人誌の発行部数 »

同人誌作家のデビューした後は?

 書き手がゴールしたと思ったら負け。だそうです。

 同人誌で良いのを描く>起用する>モノになる>単行本が売れる。ここまでは良いとして

「その後だいたい売れなくなるんですよねー」

 絵で起用した場合は新鮮みが一番の武器なのですが、単行本を出したとたんに希少性が薄れてみるみる鮮度が落ちる。大手出版社ならネームをさんざん書かせて作家としての基礎を鍛えるところですが、そもそも物語の構成自体が出来ていない人は、オリジナルのネームを書くことすら出来ない。結果、パロディとかネタモノばかりしか書けなくなる。同人に戻っていっても、かっての勢いは無くなっている。

「商業仕事するなら、そのまま一気に駆け上がる気持ちが必要。それが無い人間は使い物にならんですよ」

 見込みのある人間を鍛えている余力が無くなってきている昨今、同人誌などが発表の受け皿として、重要になってくる訳ですが、そこからどうするかのビジョンが無いと、かなり厳しいことになりそうです。

|

« モラルハラスメント | トップページ | 同人誌の発行部数 »

オタク考察」カテゴリの記事