« デビュー適齢期を過ぎたら | トップページ | 呪いの話 »

同人誌の生き残り

 同人誌で描いてる側の意見から

「商業誌で駄目そうだからと言って、同人デビューでなんとかしようというのは甘いんじゃないですか」

「同人誌即売会に来るのは、目の肥えてる人ばかりなので、実は激戦区」

「描く側も、10部売れるかどうかのために数ヶ月費やしてる。労力は一緒」

「たぶん、出版不況で同人に流れてきても、同人のレベルが上がることはなくて、売れない物が増えるだけのような気がします。だから来ないで欲しい」

 サンプリングした限りでは「これ以上人は来るな」という意見ばかりでした。

「描きたい物がある人にとっては同人誌は聖域なんですよ。一生ゆるゆるやっていける。同人誌からのし上がって行こうと思ってる人にとっては、競争相手が増えるのは死活問題、蹴落とすのは当然なんで、今いる人間を絞め殺すつもりで入っていかないと(笑)」

|

« デビュー適齢期を過ぎたら | トップページ | 呪いの話 »

オタク考察」カテゴリの記事