« 謹賀新年 | トップページ | 高くなるミニフィギュア »

K-20 怪人20面相・伝

 良い映画です。アクションアドベンチャーとしては面白いし、ストーリーも凝ってて楽しい物になっています。

 しかし、どーにも誉める気がしないのです。

 原作が江戸川乱歩の二次創作であるためか、「少年探偵団物」の面白さが完全にスポイルされていて、絶対やってはいけないことをやってしまっているわけです。人殺しが嫌いな怪盗紳士である20面相が殺人をするとか。

 オリジナルを変質させても二次創作の意義はあるとおもいますが、私は原典こだわり派なので、どうも「K-20」は性に合いません。 

 あとアニメの影響も多く、カリオストロの城リスペクトみたいなシーンがクライマックスで使われてしまうと正直げんなりしました。気づいてないかもしれませんが「マッドハウス版メトロポリス」ともネタがかぶってます。

 楽しく見れる正月映画だとは思いますので、007のカジノロワイアルばりの、肉弾アクションが好きな人にはお薦めかも。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 高くなるミニフィギュア »

映画・テレビ」カテゴリの記事