« 同人誌の発行部数 | トップページ | 同人誌の生き残り »

デビュー適齢期を過ぎたら

 同人作家を拾い上げる際に、作品以外で注目するところは何か? で聴いた話。

「歳」、「人格、年齢」、「女の子なら容姿、彼氏持ちでもデビューまではしらばっくれて編集会議を通す」どういうトコですか…、「年齢」、「やっぱ歳は気にする」

 年齢は、判断基準として結構大きいようです。◎10代、○20代、△30代、×40代以降

「40代以降が増えているけど、はっきり言って採用率は低い。悪いけど”今まで何してたの?”と聴きたくなる」「実力があるなら重宝するけど人生の面倒は見られません」「最悪なのがいい歳してるのになにも勉強してない人、マンガ喫茶行って流行のマンガ一通り見るぐらい出来るだろうにそれもしない」「絵のうまい下手なら、歳を食うほどうまくなる、でも使いたがらないのは何故かを考えて欲しい」「プロ作家でもガッチリ固定ファンのいる作家以外では(編集者が)組みたがらない、編集長の趣味とか、会社が恩があるとかそんな理由」「言ってる基準が古い、若い編集者に説教しようとする。こっち雇う側、あなた雇用される側、言葉遣いも重要」

「歳を食うと自分の価値基準に、他人が合わせてくれると思いこんでる人が多い。今まで他人に好かれることがあったのか? 何故これから好かれるだろうという幻想を持ち続けるのか?」

 きっつい話ばかりなので最後にこんな話を。

「技術商売が淘汰激しいのはどの産業でも当たり前、 他人を感動させようとか、面白い物を描こうという人は年齢関係無いです。むしろ味が出るので年齢は無問題。 これからそういった高齢新人作家のスターが出てくれば、編集者が敬遠せずに雇う方向に傾くので、今の状況が確定という訳じゃないでしょう 年齢の話は編集側の言い訳でしょ? 自分じゃ判別できないから、歳を理由に切ってるだけの人も多いと思います」

|

« 同人誌の発行部数 | トップページ | 同人誌の生き残り »

オタク考察」カテゴリの記事