« 即売会情報流出事件 | トップページ | 自分たちで生き延びる »

港屋

 知人と出かけていたら、また更新が抜けてしまいました。

 昨日は「ミナトヤを食いに行こう」ってコトで愛宕山にある港屋というそば屋へ。

 その筋には有名店なのですが、怪しい外観と土休日は営業していないという、条件の悪さから、なかなか知人と連れ立っていくことが少ない場所です。

 詳細等はこちら参照

 コシのあるそばを、辛めのつゆで食べる「立ち食いそば」店でそばというよりも「つけ蕎麦」という新ジャンルと認定した方がいいかも。当然のことながら、ざるそばとは縁遠いです。一回食べに行くリピーターになるほどインパクトの高い店。

 お薦めは「温かい鶏そば」「冷たい肉そば」の大盛り。(950円)生卵が付くので、味にが単調になってくる後半に使うのがお薦め。最後はつゆにそば湯を足してスープにしてしめます。

はじめていく人のポイントとしては

  • 場所がわかりにくい 謎の黒いビル
  • 入っても驚かない(笑)
  • 立ち食いそばなので入ったら奥で注文する 注文票が見えにくい
  • 注文受け取ったらこぼさないよう両手で、ガッチリホールドしてテーブルに移動する
  • 終わったら、何も書いてないけど自分でテーブルに戻す。

 客層がサラリーマンばっかりなので、生卵をちゃんと割れないような人は行かない方がいいかも。サービスを期待できるお店ではありません。

 場所は愛宕山のNHK博物館を降りた当たり。地図で見ると東京タワーと近いですが歩くと距離があります。港屋前のコインパーキングは30分400円。

 東京お薦め店の一件なので、平日余裕のある方は一度行ってみると良いです。

|

« 即売会情報流出事件 | トップページ | 自分たちで生き延びる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事