« 正月映画の決定版はコレだ! | トップページ | カリオストロの城 ブルーレイ »

愛情の暴走

 ○○愛というものがあります。 すべからく愛情というものは美しい。という基本イメージがありますが、歳をとると時には醜悪になる愛情というのを少なからず目撃します。

 どうも愛情が行動原理になった瞬間に、醜悪化が起こりやすいような気がします。

 行動のためには常に自分が満たされていないとならない状態になり、不足すると極端なパニックに陥るのではないでしょうか。「○○を愛している自分が正しい」みたいな自己論理で行動がすり替わっていくと、行動が常軌を逸していきます。本人は正当でありたいと思い続けるので、周囲との差は広がっていきます。

 情熱が停まらないのが若さでもあ、熱心さでもあるのですが、自重してコントロールすることを学ばなければ、自己正当化した「常識外人間」ばかりになりかねないと思います。

|

« 正月映画の決定版はコレだ! | トップページ | カリオストロの城 ブルーレイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事