« 本当の敵は素知らぬ顔してそこにいる | トップページ | 明日はコミケ »

匿名の書き込みは盗用され放題?

ネットの書き込みが書籍になったら

 匿名書き込みにもデメリットが存在します。

 犯罪予告は書いた本人がいる限り、徹底的に追い詰められてツケを払わされるのはご存じの通り。

 上記記事のように、話題になった場合は自分が著作者であると主張するでしょうし、それに問題があればしらばっくれる。というなんとも矛盾した状況です。

 ネットの書き込みは公共のものであって、例え署名記事であっても著作権はないとまで言い出す人もいます。世の中そんなわけには行きませんが、そう盲信してる人による、ネット書き込みのコピペ本がちょいちょい世に出てきます。

 匿名書き込みは、言わばルール無き荒野の縄張り争いみたいなもので、誰も何も言わなければ、言い出したものの所有物になりかねません。固定ハンドルつけるぐらいはしておきたい物です。

 都合良く他人を叩くのは良くて、自分が叩かれるのはノーサンキューという人が多いなら、匿名で叩かれた人間は叩き書き込みをやり玉に挙げて、こき下ろしてもOKなのではないかと、ちょっと思うとこです。それが平等というものではないかと。

|

« 本当の敵は素知らぬ顔してそこにいる | トップページ | 明日はコミケ »

著作権」カテゴリの記事