« 理解して貰えなくて良い範囲 | トップページ | 正月映画の決定版はコレだ! »

「私は貝になりたい」

 BC級戦犯のお話で、大元はTBSのテレビドラマ。戦争犯罪人と言う言葉が広く知れ渡るようになったきっかけとも言われています。

 安っぽいタレント映画を想像して、期待も無しに観に行ったのですが、どうしてどうして堂々とした風格の映画で、テイストとしては「砂の器」に近いかもしれません。(監督はTV版「砂の器」も演出してます)

 最近大東亜戦争(いわゆる太平洋戦争)を扱う映画が増えてきましたが、根幹の部分がしっかりしていないと、ただのファンタジーになってしまって、ひどく不愉快な思いをすることがあります。

『私は貝になりたい』は戦争を知ってる世代による(『日本沈没』(オリジナル)や、『八甲田山』の橋本忍脚本)最後の映画なのもしれません。

 アレとかコレとか戦争をパロディとして扱う人間は罰当たれ!と思ってるので、戦争を軽く考えてる人には是非とも観ておいて欲しい映画です。

|

« 理解して貰えなくて良い範囲 | トップページ | 正月映画の決定版はコレだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事