« 放送と番組 | トップページ | RD-X8 »

クリスマスの代わりにイヨマンテ

 クリスマスの風習というのは、戦後日本の象徴みたいなもので、消費とも結びつくため、これはこれで有っても良いとは思うのですが、どうも日本のお祭りとは言い難いものがあります。

 そこで日本というより蝦夷文化としてイヨマンテをもっと活かせないものかと。

 本来のイヨマンテとは「熊おくり」ともいい、捕獲した子熊を屠殺して神の元に送り返すというもの。 

 さすがにこれは、血なまぐさいのでどこの家庭でもというわけにはいかんですが、たがいの繁栄を祈り、宴を開いてクマを送り合うというのは、かなり良いのではないかと。

 クマのぬいぐるみとか、クマグッズ需要は世界的にも通用するので、世界規模の繁栄祭りに広がるかもしれません。

 アイヌ文化の搾取とか言われそうですが、蝦夷地の文化を「さわらぬもの」とせずに、もっと広く認知させ、身近に感じることで、真の意味の回復があるのではないかと思うのです。

|

« 放送と番組 | トップページ | RD-X8 »

オタク企画部」カテゴリの記事