« ポメラと図書館と録画機希望 | トップページ | 教える資質 »

好みの押しつけ

 最近、不満と自分の好みをはき違えている人間が多いような気がします。

 例えば自分の大好きなアニメキャラが非処女だったとしても(苦笑)、オタク的なビジネスをするならユーザーのニーズに絶対服従するのが当然、みたいなことを言い出すのはお門違いなわけです。

 嫌いが高じてアンチ○○になった人を見かけますが、その主張に全体への不満や問題点があれば、それはどんなに耳が痛くても聴くべき内容であると考えています。 しかし、それが個人の趣味で、気にくわない、ああしろ、こうしろ、終いには目障りだから消えてなくなれ。というのはどう考えてもただのワガママであり、時間を割くだけ無駄です。

 ユーザークレームに関して、この「不満」と「ワガママ」を素早く察知して対応するのがプロの仕事というもので、某お客様係の人の弁によると「不満はいくらでもお聞かせ下さい。でも、ワガママには絶対に応じません」が基本とのこと。

 ごね得伝説というものがあって、クレームを付ければ利益になると、未だに信じている人もいます。クレーム付けてもせいぜいがゼロ。損失復帰以上のことはしないという社会ルールをもっと徹底させるべきでしょう。

 自分の好みの押しつけは恥を撒き散らかすような物で、ゼロどころかマイナスにしかならないと私は思います

|

« ポメラと図書館と録画機希望 | トップページ | 教える資質 »

オタク考察」カテゴリの記事