« ライティングのやり方 | トップページ | 絵がうまくなるには(上級編) »

絵がうまくなるには(2)

 もうちょっと思い出したので。

「単純なコツがあるんですよ。一つは重心。バランスがそのポーズでとれてるか。 それと体の真ん中の線がずれてないかどうか。素人絵のまずいのは、右左にパーツが偏ってるから気持ち悪いんです」

「注意するのはヒジとヒザ。 手足がある位置になると、実はヒジ、ヒザはほぼ同じ位置にあるんですよこれが自然なポーズというヤツです。 胴体描いて、手足の位置(ポーズ)を決めたら、自分でそのポーズをとってヒジヒザの位置を確認する。 そうすると誰でもメキメキうまくなります。 デッサン人形はヒジヒザが嘘位置になるので、絶対使っちゃ駄目(笑) 位置を確認してから使うのはオッケー」

「ここまで出来たら勝ったも同然ですね。 あとはディティールを調べる。服の袖とかの構造が分かればあとはいくらでも見なくて描けます。 構造を理解しないと表面だけの線になるので、別角度で描くときに困ります。  ああ、可愛い女子高生の制服とモデルが(以下略)」

「最後は、最初はヘタなんだからゆっくり丁寧に描くって事ですかね。15分で描いた絵も、1年かけた絵でも見るのは数秒ですから、焦って書く必要な無いです。 描けば自然と早くなりますよ。 締め切りさえ間に合えば遅いプロでも仕事は来ます」

|

« ライティングのやり方 | トップページ | 絵がうまくなるには(上級編) »

オタク考察」カテゴリの記事