« 何をやったらいいか分からない | トップページ | お金は友達おもい »

ゲットスマート

 TVシリーズ、「それ行けスマート」の映画版。最近アメリカ映画で多いヒット作リサイクルもの。

 「それ行け、スマート」は私の敬愛するコメディ作家メル・ブルックスの作でもあるので、ブルックス物の系譜に繋がる作品と言えるでしょう。主演『40歳の童貞男』のスティーブ・カレル、ヒロインは『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ。アン・ハサウェイはキュートな魅力を振りまける女優さんなので、アンの活躍を観に行くだけでも個人的にはもう満足。

 コメディ物というのは、面白おかしい行動を取るものと決まってますが、そこに真正直な熱心さが加わっているので、「馬鹿がバカにされる」のではなくて「結果的にバカになってる」というコメディセンスが、なんとも秀逸です。映画のお話に自然に溶け込めて、それでいて面白いシーンが随所にあるという、コメディの佳作であると思います。

 個人的にはエージェント99が実は○○だったという、ちょっと哀愁おびたネタが好き。

 爆笑映画ではありませんが、誰にでも勧められるコメディ映画です。

|

« 何をやったらいいか分からない | トップページ | お金は友達おもい »

映画・テレビ」カテゴリの記事