« 意固地線 | トップページ | 絵がうまくなるには(2) »

ライティングのやり方

 他人に聴いてばかりもアレなので、自分の創作論も。

 私が文章書く時に気をつけているのは「発想」と「説明」の2点だけです。

 物事に対して「何か思った」とか「考えたこと」があるなら、後はそれをどう他人に伝えるか? という作業に入ります。この二つがセットでないと話が伝わらないように思えます。

  • 最短の文字数が美しい
  • 回りくどいは毒
  • 読者に言った(メッセージした)ことは、文末で帰結させる。
  • 難しい話の説明は、ライターの花道

等が気をつけていることです。逆を返すと

  • 長い文章は読んでもらえない
  • 説明経路が長いと、わけが分からなくなる
  • 入り口と出口で言ってる内容が変わると気持ち悪い
  • 難しい話を、簡潔に教えてくれる人は尊敬に値する

 等々の経験から得たものです。

 これらは自分流儀なので、絶対正しいこととは思ってません。何かのお役に立てばこれ幸い。

|

« 意固地線 | トップページ | 絵がうまくなるには(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事