« 画力向上のシステムを考えてみる | トップページ | 上達のために必要なこと »

作画カフェ

 作画カフェというのがあっても良いのではないかと思ってみたり。タコ部屋じゃないよ、作画カフェですったら。

 PCがあるのはネットカフェ準拠で、全ブースにタブレットとトレース台と鉛筆削りがある。

 ポイントとしては一角に壁が鏡張り(普段はカーテンで間仕切り)のスペース+三脚があって、自分でポーズをとる事が出来る。作画資料は主にPCで見ながら。

 需要としては、他人に絵を描いているところを見られたくない人向き。有料なので集中できる。PC画描きは終わったらUSBでお持ち帰り。

 4時間1000円とすると一日5回転としてブース単価は5000円/日。100ブースだと一日50万円+軽食販売。大ざっぱに見ても一ヶ月当たり1500万円の売り上げになります。消しゴムカスが出るので終了後のブース内清掃が面倒くさいぐらいかと。

 技法本とかムック本はカウンター貸し出しにして2時間制にすれば多く観覧も出来てよろしいかと思います。ノイズキャンセリングフォン完備だと夜中音立てて寝てる人がいても大丈夫。フリードリンクには濃いめのコーヒーとか。

 さらにプラスしてモデルさんにポーズをとってもらえるとかのプレミア付けると、アホみたいに客が来ると思います。

 秋葉原の経営者の方々どうっすか?

|

« 画力向上のシステムを考えてみる | トップページ | 上達のために必要なこと »

オタク考察」カテゴリの記事