« 言葉の問題 | トップページ | コミックマーケット75 »

おっかないのは右傾化よりも善悪二極論

 田母神論文問題。 私としては先の戦争は「日本が開戦せざるを得ない状況に、用意周到に仕組まれた」という説は支持するところですが、それ以前の大陸進出の野心も充分にあったと考えてます。

 当時の世情としては、戦争も外交手段なので独立国家としてその手段を用いたことは、決して非難されるべきではありません。しかし、何かにつけ年配者の「中国で何をやってきたか話」を聴くと、決して品行方正清く正しいものではなかったものと実感しています。

 政府見解と違うから「正しくない」などと断罪する前に、軍事外交自体を点検する必要があるのではないでしょうか。馬鹿げた善悪二極論を振りかざして歴史の本質を、またもや塗り込めようとしているように感じています。

 田母神論文は、陰謀論に傾倒しすぎなので、内容には賛同しかねますが、もうちょっと内容を整理すれば、日本の戦争は悪い戦争だと声高に叫ぶ連中に、日本は軍事を外交手段として捨てていない国に囲まれている事実を突きつける良いチャンスになるのかもしれません。

 話し合いで解決しようと言っても、さんざん逃げ回って、実効支配だなんだと言い張る隣国がいるのが現実な訳です。

 さて、それはさておき

 小浜市の奇行は、縁を重視する日本人的でもあり、関係無いのに言い張っているモンスター地方のようでもあり。 私としては、恥ずかしいのでオバマ大統領便乗はやめてください。

|

« 言葉の問題 | トップページ | コミックマーケット75 »

ニュース」カテゴリの記事