« 見て見てテロ | トップページ | 作画カフェ »

画力向上のシステムを考えてみる

 最近pixivに注目してます。 お絵かき投稿サイトですがハイレベルから初心者まで入り乱れていたり、人気タグでの技巧の切磋琢磨とか、見ていて非常に面白いです。

 個人的には「納豆」「焼きそば」とかのマイナータグでの検索が激はまりです。

 んで、思ったのがこれを利用して、一斉投稿型の画力向上のプログラム(研修)ができないものかと。まず初期段階で

  • 絵が書けない(初心者)
  • そこそこ書ける
  • 書けると思う

の三段階で投稿。あとは自分の絵をアップ。タグでカテゴリー分けできるので同系列と比較しやすい。

 評価者は参加者全員

  • 悪い点、良い点を並列表記でコメントする(けなしても良いが必ず誉めも入れる)
  • 評価者の絵も見られる
  • 描かない人間はコメントできない
  • イメージレスポンスも付けられる

 重要なのは点数採点で、10点評価の平均7以上になったら、次のランクにステップアップする。最初は1点だとなかなかレベルアップしないので、最新5作を基準にする。

投稿者のメリットとして

  • コメント欄で苦手な部分を相談しても良い
  • 悪意があると思えるコメント投稿者はブロックできる
  • 友達の嘘10点などが疑わしい場合は自分で格下げできる

など。サーバーの運営は画材会社のスポンサードが望ましいですが、現実にはamazonとかのアフェリエイトで画材や技巧本紹介して稼ぐといった感じでしょうか。

 描き続けるモチベーションが必要なのと、クリエイターというのは孤独になると死んでしまう生き物なので、細々でもなにかリアクションのある環境というのは、大いに手助けになると思ってます。

|

« 見て見てテロ | トップページ | 作画カフェ »

オタク考察」カテゴリの記事