« 国際航空宇宙展2008 | トップページ | 評価するのはすごいこと »

ハンコック

 遅ればせながらハンコック鑑賞。

 駄目スーパーヒーローが、自覚して本物のヒーローに生まれ変わるという物語です。

 スーパーマンとかのヒーローが産まれたのは、近年になってからですが、アメリカではスーパーヒーロー神話みたいな土台、宗教以上の共通認識と倫理観があるのかなーと、観ながら思ってました。

 スーパーヒーローの、パロディでもなく、オマージュでもなく、置換されたオリジナルヒーローの組み立てとしては非常に良くできた脚本なので、一見の価値はある映画です。

 途中からの超展開は見物です。

|

« 国際航空宇宙展2008 | トップページ | 評価するのはすごいこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事