« 世界危機一髪 | トップページ | 萌えめーじゅ »

たとえばこういうハード

 家電でどういう物が望まれているかの思考実験。すでにCEATECあたりにあったらすみませぬ。

製品名「にっこり地デジプラス」

カテゴリー「地デジチューナー付きレコーダー」

キャッチフレーズ「10年安心」

価格帯 3万円~5万円

概要

 地デジ移行を見据えた低価格チューナー+レコーダー。

 年長者向けのシンプル操作と、らくらくリモコン。

 製品特徴はHDDを廃止して64G×○枚のカード等で代用。可動部分を極力廃止して故障リスクを下げる。カードは持ち出し可・空きスロットを必ず用意する。

 単機能、高品質、を売りにして「買い換えても損のない」バリュー感をうながす。

ターゲット 40代以上のハード知識のない世代全般。

販売戦略

 販売員「UHFのアンテナさえあれば大丈夫」「テレビのリモコンは今後使いません」

 接続はUHFに繋いで、テレビは2ch(関東)に固定。  アナログ使用感を考慮し、本体にも録画、再生、停止ボタンを設置。

 ゼロ知識層のために極限までシンプルにした操作システム。カード一枚分をフリーエリアに設定し録画が満杯状態でも数時間の録画が出来るようにする。

 操作可能な購入者のために、上書き番組録画などで、一週間の指定番組を必ず録画する機能。

 ディスクへの外部記録は出来ないが、カードごと保存させるという荒技も可能(独自企画の場合)。パソコンなどでの転送も考慮。

使用イメージ

 60代、夫婦家庭:朝の連続ドラマを昼再放送で自動録画。朝の放送回は自発的に鑑賞しないと観られないが、一週間程度はストックされるので、見損ないが無くなる。家族からの頼まれ録画も迷わずにすぐに出来る。

 40代、専業主婦:お気に入りのバラエティやドラマを上書き自動録画。

 40代、サラリーマン:経済ニュースなどを自動録画でタイムシフトに対応。自分スロットにゴルフ番組などを保存して、通勤途中に観る。

 20代、アニオタ:カード毎に番組指定>PCで保存。1クール1カードで収まる画質。

|

« 世界危機一髪 | トップページ | 萌えめーじゅ »

新製品」カテゴリの記事