« 評価するのはすごいこと | トップページ | 本物のサンダーバード主題歌 »

B-CASは消費者を泥棒扱いカード

 B-CASは無くなるんじゃないのかな記事

 決定事項じゃないけど、騒ぎ始めたら対応せざるを得なくなるというやつでしょうか? いずれにせよ地上波デジタルに無用のB-CAS導入して、無駄な金を使わせた連中は許し難いです。徴収した地デジ著作権保護の金がどこに流れたのかをまずはハッキリさせていただきたい。

 地デジ推進の見通しは良くなりそうな気がします。デジタルのコピー制限のおかげで不便を強いられてる人間としては、コマーシャルの入っている放送はすべてコピーフリーとしていただきたいとこです。WOWOWとか、CS放送とかの有料コンテンツにB-CAS必要ってのはぜんぜんオッケー。

 ラジオからテレビになったら絵が付いてきて

 テレビがカラーになったら色が付いてきた。

 デジタルになったら、情報が付いてきた。

というのが、正しい進化軸で「キレイになりました」というのはあまり消費意欲に働きかけないと思います。

 これがもうちょっと頑張って、地デジだと過去の再放送が観られます(有料ストリーミングあたりか?)とかになると、飛躍的に家電魅力も上がると思うのです。

 テレビは莫大なコンテンツを持っているにもかかわらず、その資産を死蔵してます。権利者を泥棒扱いにする規制よりも、適正価格でもっと広く視聴できる環境こそが必要なのではないでしょうか。

|

« 評価するのはすごいこと | トップページ | 本物のサンダーバード主題歌 »

ニュース」カテゴリの記事