« 模倣論 | トップページ | Panasonicになりました。 »

多言語化

 趣味関連にお金をかける国ランキングでは、日本が2番目なんだそうです。

http://www.gizmodo.jp/2008/09/post_4315.html

 言語による市場を考えると、日本語による趣味市場の創造力は、世界の中でも桁外れの能力があると言えます。

 マップを見ると、ドイツもかなり強力なのが見て取れます。と言うことはこの先の戦略を考えると、英語化と同時にドイツ語化も視野に入れれば、より市場が広がることになるかもしれません。

 現地のローカライズも重要ですが、逆に日本に呼び寄せて日本でのローカライズを行うというのも、有りではないかと思うのです。

 趣味に金を出す国に絞って、長期計画を立てるのは重要な事ではないかと思うのでした。

|

« 模倣論 | トップページ | Panasonicになりました。 »

オタク考察」カテゴリの記事