« うっかり日記 | トップページ | 麻生首相 »

コミケの危機

 コミケの見本誌倉庫がすごいことになってました

 予想していたとはいえ凄まじいものがあります。

 私などは参加者側なので、人力を動員>片っ端からばらしてスキャンして、シュレッダーかけて、どっかの資源にしちゃえ、と単純に思うのですが、それをやると地球上に唯一存在しているかもしれない、貴重資料が失われていくので、後世に残るミステイクと罵られることも考えられます。

 しかし、もはや一研究家が観覧資格を得てここに入ったとして、一生かけても読み切れない量があると思うのですよ

 火事とか、経年劣化とかを考えると、今、総力スキャンしか無いと思うのです。そのうえで、許可を取れたものは外部観覧可にして、国会図書館なりにデータ寄贈して、それ以外は50年塩漬けというのが一番ではないかと、思います。

 急がないと許可を取るべき作家がどんどん死んでしまうので、早い方が良いと思うのです。費用は文部科学省あたりが出してしかるべきだと思いますが。

 あと、児童ポルノの絵も禁止となると、蓄積見本誌の大半を破棄する必要が出てきます。この大量の段ボール群が、規制が文化史として正しいかどうかの、フロントラインになるのではないでしょうか

|

« うっかり日記 | トップページ | 麻生首相 »

オタク考察」カテゴリの記事