« プロになりたいなら | トップページ | 瞬殺は恥ずかしい »

論語

 子曰く、学び時にてこれを習う、また説(よろこ)ばしからずや

 友有り、遠方より来たる、また楽しからずや

 人知らずしてうらみず、また君子ならずや

 原典は、論語の学事第一で、

おさらい(復習)をしなさい、理解力が増すから。

同学の友が来たら、同じ道を語り明かせて楽しいよ。

他人が理解してくれなくても、気に留めてはいけません。

 と言った内容。友遠方より来たる は結構有名なフレーズですが、学問の友であるというニュアンスが抜けているようです。

 これをオタ向けに曲解解説すると

 一回観たアニメでも、もう一回観ると面白いなぁ

 遠くの、オタ友が来たら嬉しい

 趣味が合わなくても気にしない

 ってなとこですか、学問と趣味を混同させてるので怒られてしまいそうですが。

 難しそうな本でも、さすが永きにわたって読まれているので、中身は今でも普遍的であると、感心したのでした。

|

« プロになりたいなら | トップページ | 瞬殺は恥ずかしい »

ネタ・雑談」カテゴリの記事