« 論語 | トップページ | 企画消失  »

瞬殺は恥ずかしい

 最近。○○(商品)は瞬殺! なんて言葉を聞きます。人気商品の証みたいなものでしょうか。

 買う側としては、人気のあるものを手に入れられてご満悦なのでしょうが、商売する側としては、ビジネスチャンスをみすみす逃してる訳です。売れないのも困るが、瞬殺で予約打ち切りになっても困るのです。

 某メーカーさんと話をしてたら、集荷数しぼって話題を作りましょう! なんてことを平然と言うので、そんなコトしても次の商品は売れるとは限らないし、みすみす売れ筋商品を自分から潰すことになります、とあわてて止めることになります。

 生産数計算は頭痛の種なので、チョイ足りないぐらいが、売り手側としてはいい感じではあるのですが、だいたいが売れ残りを恐れて少なめにして、在庫がなくなって再生産したら今度は余るというパターンが多いような気もします。

 「瞬殺」は市場的には一度死んだ商品なので、なんども市場に生き返らせることを恥ずかしいことと思わない、話題に対する憧れみたいな意識を持っていたら、いつまで経っても正常な数読みは出来ないと思うのでした。

|

« 論語 | トップページ | 企画消失  »

オタク考察」カテゴリの記事