« 同人誌の売れる売れない。 | トップページ | 残夏のきもい話 »

あの旗を撃て-アニメージュ血風録-

 2004年の本ですが、たまたま読む機会があったので。

 アニメージュ編集長の尾形英男さんの、アニメージュ発刊にまつわる出来事をまとめた本です。私などはアニメージュストライク世代なので。「雑紙の向こうで大人達が何をやっていたか」を知るには良いテキストです。

 もう私も、発刊時の現場編者諸氏の年齢を越えちゃったりしてるので、ああやっぱりオトナの都合的にこういうことが合ったのかと、仕事上の問題として共感する面が多々あります。

 徳間社長の決断が無ければ、起こりえなかったムーブメントが、少ないことは注目すべき点かと思います。

「現場が良いものが作れば、それは成功する」という単純な話ではすまないのが、現実です。「価値ある物を誰かが打ち上げなければならない」というのは、非常~に重要な要素なのです。それは宮崎駿監督であってもしかり。

 現在のアニメブームがあるのも、徳間社長や、尾形氏が決断したからで、そういう「未来志向の決断」と「結果もたらされた世界に我々はいる」と相関性を認識しておかなければなりません。

 「あの旗を撃て-アニメージュ血風録-」は今ある世界の過去をひもとく、歴史書でもあるのです。

|

« 同人誌の売れる売れない。 | トップページ | 残夏のきもい話 »

出版」カテゴリの記事