« 怪我はラップで治す? | トップページ | コミケ一日目 »

コミケ同人誌の99.9%はゴミ

 コミケの目的というと様々ですが、私の場合は違った価値観を捜しに行くところにあります。

 よくコミケの悪口で、参加サークルの出してる99.9%ぐらいが紙ゴミなどという話を聞きますが、その度に、あなたの価値観に合わないものが、(あなたにとって)無駄な代物で有るのは当たり前 と思うのでした。

 99.99999999%がゴミなら、価値観の許容量は0.1%以下。ずいぶんと小っさい器です。

 絵が下手とか、内容が稚拙とか言っても、それをバカにすることは簡単ですが、少なくとも最低一人以上は、一生涯の思い出の一部でもあるのです。

ゴミだ何だというのはそれだけ器が小さい証なので、全然偉くもなんともないのです。価値観が合わないものは、自分価値観が別のモノってだけです。

 ごくごくせまーい範囲の価値観が渾然一体となってるから、面白いのであって、技術的レベルを問うなら普通の書店に行けばすむこと。

 なんじゃこれは。 と思う価値観のヒトにぶち当たれば、その時は当たりです。

|

« 怪我はラップで治す? | トップページ | コミケ一日目 »

オタク考察」カテゴリの記事