« 調査協力依頼 | トップページ | 後悔先に立たず »

ホットファズ(ネタバレ無し)

 ホットファズ 5日から公開なので観に行ってきました。

 まぬけなおバカなポリスムービー・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・と思っていたら、映画としての完成度も高くてびっくり。パロディやオマージュだけではなく、登場人物の感情の機微や、小ネタと思っていたら、後から生きてくる伏線のばらまきなど、感心する点も多くたっぷり楽しめました。なるほど映画ファンが高く評価するのも分かります。これは私もお薦めします。

 クライマックス近辺で、突然日本映画のアレ風になったりするのですが、プログラムを見たら「好きだから入れた」とのこと。ポリスムービーへの気持ちの良いリスペクトもありつつ、特有の趣味の悪さもあるので(事件シーンが直接描写で衝撃的)、良い経験になることでしょう。

 ひとつ残念なのはプログラム。 署名運動が映画公開に繋がった絡みで、「ホテルルワンダ」と「ザ・シンプソンズ」とかが引き合いに出されてるんですが、「署名が声優を変更させた」みたいなことが書かれています。 残念ながらタレント版は当初の予定通り公開されています。オリジナル声優版は、ソフト販売時の同時収録なので変更ではありません。

 デモまがいのことをやってでも、変更まで戦おうという動きもあったのですが、ファンとFOXが喧嘩するのは良くないという、大平透さんの意思で納めたものなので、当時一枚噛んだ人間としては、あれは勝利ではなく、最低限の所までしか行けなかったという思いで、「変更できなかった」ことは今でも心残りなのです。 ライター氏は、最低限の事実関係を確かめて書いて欲しいものです。

 それともう一点。  プログラムにある漫画家さんのイラストが、映画秘宝の08年3月 から転載されているんですが 、そこには

「いまごろ署名やっても、もう、遅いんじゃい!」

 と書いてあります。作家氏は映画秘宝向けに、毒のあること書いたと思います。しかし、これをプログラムに載せたら、わざわざ楽しみに映画館まで来てくれた、署名に協力してくれた人に対し、大変無礼だと言うことが、わからなかったのでしょうか?

 映画好きがニコニコ笑って楽しむ映画なのに、こういった不快な思いをさせる記述があることは、大変残念で仕方ありません。

|

« 調査協力依頼 | トップページ | 後悔先に立たず »

映画・テレビ」カテゴリの記事