« 3分で分かる竹島問題 | トップページ | 『ポニョ』評2(超ネタバレ編) »

『崖の上のポニョ』評

 なんとも不思議な映画でした。

 物語はどこかの港町で起こる、人魚姫と少年との物語です。人魚姫といっても『トトロ』のメイみたいなキャラなので、往年の宮崎美少女を知ってる人間は、今回もまたしょんぼりです。

 物語としてはいたってシンプルなものなのですが、なにぶんそこまでにいたる過程が全くないので、何が起こってるのかさえ分からずに、奇妙な生き物を延々見せ続けられます。「説明不足」は、宮崎アニメがある意味そっぽ向かれている原因はでもありますが、見る度に解釈の違う、正解のない問いかけなのかもしれません。

 最後のオチは神話的な要素なので、そこから引き出される要素は、数限りなくあります。「面白かった」とか「つまらなかった」ぐらいしか出てこないのは、少々、思考停止であるのかもしれません。物語のセオリーを無視した謎ばかりの映画なので、明快さを求める観客には不満が多いかも。

 本作の魅力は、未知のアニメ体験でしょう。なるほど描きにくいものをキャラクターにすると言う手法は、初期の実験的なアニメには見られましたが、「写実的と感覚」に立脚する日本のアニメ、いや世界中探してもほとんど見なくなった技法です。
 イマジネーションが絵になって動くことの、すばらしさや、キモさ(笑)が、これでもかとばかりにたたき込まれています。一番楽しいのは、初めて映画館に来るような子供達でしょう。「キモい」「すごい」の中間にある何かが処理しきれずに、「ぽーにょぽにょ♪」と歌っているような気もします。

 大人にとっても、同様の未知の体験でしょう。子供映画として「見なくて良い」というのは早計で、やはりアニメ映画を観る興奮は、子供と大して変わらないような気がします。

 終始疑問であったのが、主人公家族の描き方で、両親を名前で呼び捨てにすると言うのは「トモダチ感覚の仲良し家族」なのか、「家庭が崩壊して、相手を家族ではなく、一個の生命体として見ているのか」理解に苦しみます。

 これが問いとしてあり、結果がラストで明かされれば、文句なしに名作と言えるのですが、この辺無頓着で投げっぱなしです。「どっちかの視点で見れば印象がまるで変わる」という仕掛けなのかもしれませんが、それは映画を楽しむ上で無駄な蛇足のような気もします。

 あと、個人的に思うのは、『ゲド戦記』の宮崎吾郎監督に対する、全力説教映画なのではないかと。 ゲドの戦記の問題点である、いわゆる「オタク的」な、有りものの情報量に圧倒されて、その延長上にしか自己を見いだせないふがいなさに、映画屋としての怒りをぶつけている印象もあります。

 しかし、「実は、謎の人物フジモトは『海底2万リーグ』の乗組員でした」みたいな映画上わからない裏設定ありきでのもの作りも感心しません。『ゲド戦記』が批判されている、途中説明しない不安定さを同様に持っています。

 ともあれ、ポニョはアニメ映画好きなら、大きなスクリーンでぐりゃんぐりゃん動くのをみるべきでしょう。たぶんテレビと見るのとでは、印象が全く違う映画だと思います。

|

« 3分で分かる竹島問題 | トップページ | 『ポニョ』評2(超ネタバレ編) »

映画・テレビ」カテゴリの記事