« 2004年にテレビは終わった | トップページ | 『崖の上のポニョ』評 »

3分で分かる竹島問題

 竹島関係の報道とかニュースを見てると、日本人もちゃんと理解してるのか、不安になってきたので、3分で分かるまとめで。

■問題の根源

 国家は、その体制を維持するための自国民教育が必要。その過程で事実を歪曲化することがままあり、それは国民思想となり定着する。

■アジアの自国認識

□日本 1900年代、西洋列強の植民地政策に対し、「万国公法に従う」というやり方で、西洋と同じことを開始。侵略と言えば侵略に相違ないと私は思いますが、日本の統治はかなり優秀、帝国的横柄さと同時にルールは遵守してきた。

□中国 かねてより文化の中心である国。その影響力は計り知れない世界のトップランナーである。その豊かさに目を付けた諸外国から散々搾取され続けてきたが、近代化を成し遂げ再び過去の栄光を取り戻しつつある途中。

□韓国 中国と親しくすることで、その影響力を得て平和に暮らしてきた国。近代日本の植民地政策により、簒奪を受けたが、その優秀さを持って威信を回復した国。

■大東亜戦争以降

□日本 連合国GHQの支配下に置かれる。いわゆる自虐史観教育に熱心。戦争に罪悪感を抱かせることは良いことだが、「戦争」に至る経緯がおろそか。 当時、合法的な行為であったことの説明が無いので、先祖が極悪人のように言われる弊害を生む。

□中華人民共和国建国 1949年からが今の中国。共産主義国。 共産主義というのは、貧富を無くし等しく生産に従事して生きていける世界のこと。一見良さそうに思えますが「支配階級」が「労働階級」を搾取する構造はやっぱり同じ。無知な若者が、大人に暴力をふるう<文化大革命>でブルジョアとインテリを粛正(多分拷問と殺害)、こういう都合の悪いことは教えない修正歴史が弊害となる。

□韓国と北朝鮮 日本の朝鮮半島の権益が、敗戦で失われたので、ソ連とアメリカの分断統治で南北に別れる。北朝鮮が38度線を越えて南下したのが朝鮮戦争。 要するに日本が(どんな理由があろうとも)朝鮮統治を始めたのが南北分断の原因なので、日本諸悪論は根深い。

■なんで、日本は嫌われてるのか?

1.中国、韓国は国家に反逆されないようにするガス抜き。同時に日本人は謝罪の体質。「畏(おそ)れ入る」ことで、相手との関係を復帰させてきた封建意識がある。しかし、これは向こうからみれば「悪人が罪を認めた」だけのことで、徹底的に懲らしめない限りは関係は修復しない。

2.マスコミの変更報道 向こうにも国粋主義者はいるので、その過激な行動を民族全体の怒りとして扱っている。これは正でもあるが誤でもある。 朝日新聞がアジア寄りと言われるのは大衆を扇動して戦争を煽った反省からとも。毎日新聞も(前身の東京日日新聞が)南京大虐殺の根拠と言われている、100人斬りを戦意高揚報道するなどしている。大衆を操る能力を使った、逆洗脳とも言える。

よく言われること

南京大虐殺 便衣兵(ゲリラ)の掃討は本当。一般市民の大量殺りくは出所の怪しい情報ばかり。検証以前のポンコツ情報が未だに持ち出されている感あり。

従軍慰安婦と強制連行 貧困層の出稼ぎや、身売りがすり替えられているというのが現在の認識。 日本にいた朝鮮半島出身者も大半は帰国事業で戦後に帰国している。在日問題に関しては、外国人労働者とその子孫という考えであるべきで、差別は言語道断。

■竹島問題

問題の根源

 要するに鬱陵島認識。鬱陵島は朝鮮(韓国)領なのは確認されているが、韓国側が、現在の竹島も鬱陵島の一部だと言い始めたのがそもそもの要因。

□韓国 竹島も付属して自分たちのもの。

□日本 鬱陵島は韓国領であるが、竹島は日本領、それは立証資料がある。

要するにこういうことでは。

 少年漫画風に表現すると、ルール、ルールという杓子定規な委員長メガネくんがいて、

J「ここは僕の土地だから出て行きたまえ」

K「そんなの関係無ぇ!ずっとすんでる愛着ある人間のものじゃないのか!」

J「こんな無法はゆるさないー、いいつけてやるー」

国際司法裁判所「住んでる人の権利もあるので配慮すべし」

K「わーい、大勝利、ルール厨ざまぁww」

 みたいなストーリーをあちら側は考えているのではないかと思うわけです。

 近代日本の信頼は、ルール順守の精神にあるので、後世から信頼を勝ち取るためにも、盲動無く歴史認識の正当性を説くことが大切なのではないでしょうか。

|

« 2004年にテレビは終わった | トップページ | 『崖の上のポニョ』評 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事