« RD-X7を買わない理由 | トップページ | アニメ評論家などいない »

実写地獄

 昔の番組データを集めていて分かったことがいくつか。

 放送やソフト化の機会もなく、今はそのチープさのみが抽出されて、無遠慮な笑いの対象になっている、実写の鉄腕アトム。資料を調べていくとフジテレビの開局番組として、「少年ジェット」と共に華々しいスタートなのでした。 昔「いきなり、フライデーナイト!」というフジの深夜番組中で、かなりレアな懐かし番組を放送していたのですが、なぜ「アトム」や「ジェット」をフルで放送できたのか、今になってやっと分かりました。

 制作は松崎プロダクション。主役のアトムが初期はプロテクターだったり、後期はジャケットだったりと迷走が続いたようですが、人気漫画をなんとかドラマ化しようとした努力は、興味深い物があります。 主題歌は名曲。

アトムコンピレーションに収録され、CDで発売されています。(上記の男性ボーカル版は、ソリッドの「ナショナルキッド~冒険活劇ヒーロー」にフィルム音源と思われるものが収録)   ソフト化されていないタイトルなので、かなうことなら一度見てみたい物です。

 で、フジテレビ番組の実写ということで、ドラゴンボール。半世紀たっても人間は同じ冒険をするのでした。

|

« RD-X7を買わない理由 | トップページ | アニメ評論家などいない »

特撮」カテゴリの記事