« 春のアニメ | トップページ | オタクと経済 »

魔法にかけられて

 1日は映画の日だったので、終了間際のディズニー映画『魔法にかけられて』を観に行ってきました。アニメの国のお姫様と王子が、現実の国にやってくるというお話。

 見所というとディズニー自身のセルフパロディですか。歌って踊ってをやってる中に、「一人冷静に見てる人間がいる」などは、バカ度がかなり高くて大好きです。後半ディズニーが本気出してくるところもまた見所です。

 この映画のポイントは、観客の視点操作で、アニメにならしたところで、リアル現実パートにもってきて、お姫様をさんざん浮かせてといて、今度はそれを肯定していくシナリオの巧みさ。 物語仕事の人は、必ず見ておかないといけません。変化球から直球への動きをよく観察しましょう。

 実に勉強になる映画でした。

|

« 春のアニメ | トップページ | オタクと経済 »

映画・テレビ」カテゴリの記事