« 日本一のゆで玉子 | トップページ | ミスト »

隠し砦の三悪人2008

 観に行ってきました。黒澤ファンとしてはバキボキに憤怒するかと思いきや、存外普通の映画として楽しめました。駄リメイクの戦・・・に比べれば遙かにまともで、娯楽作品に徹しようとする姿は好感が持てます。

 黒澤映画は映画人にとってはとても重荷なので、背負える重さにリサイズしちゃいましたー!って感じ。その潔さは小気味良し。

 東宝さんもマーケティング上幅広い年代に向けた、デートにも適した活劇映画というスナック感覚の映画をお望みだと思うので、満足行く出来映えとは思います。

 ただ、誰にもお薦めはせんです。

 マーケッティングで生まれたヒット作の換骨奪胎映画なので、観に行くべき要素は見あたりません。 

 「ディティールに映画の神が宿る」と昔の映画人はよく語っていたそうですが、まさしく甘いディティールのおかげで全然映画の神が降りてきていない印象。

 主君の前で顔を上げてニコニコ笑ってる領民が、打ち首にならないようなナンチャッテ封建制度には興味ありません。

 ライト層にむけて万全を尽くした映画なら、それはそれでOKなんだと思います。

|

« 日本一のゆで玉子 | トップページ | ミスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事