« 秋葉原が世界の中心になるために | トップページ | 隠し砦の三悪人2008 »

日本一のゆで玉子

 ゆで玉子をよく食べます。

 家では買い置きのタマゴが賞味期限ぎれしたら、全部茹でちゃって片付けるというパターンですが、塩をハーブ入りのクレイジーソルトとか岩塩とかで振りかけると、抜群に美味しいものに様変わりします。(塩分取りすぎが心配ですが)

 ゆで玉子スキーな方に是非ともお薦めしたいのが、箱根大湧谷の黒たまご。酸性熱泥で茹でただけの普通の固ゆでタマゴなのですが、これがもう抜群に美味しい。特に黄身部分がホコホコして魅惑の美味しさ。 使用しているタマゴの種類もあるのですが、遠赤外線効果とか、浸透とかいろいろあるのかもしれません。

 日本一のゆで玉子と私は思ってます。 特に上のタマゴ茶屋まで歩いていって、出来たての黒たまごを食べるのがお薦め。ちょうど運動して小腹が空くこともありますが、ロケーションや硫黄臭なども含めて、最高のユデタマ環境ではないかと。

 昔から滋養があり"1個食べると7年寿命が延びて、2個食べると14年寿命が延びる"と言われてます。ちなみに調子に乗って食べ過ぎると"腹をこわして寿命が縮む"とも言われますが(笑)、腸が弱めの私でも毎回6個ぐらい食べて平気です。

 お薦めできないのがお持ち帰り。つやつやの黒たまごが家に帰る頃にはまだら模様になってあんまり美味しそうには見えません。現地でまだ温かいのを食べるのが一番です。

Img_0487

仕事を選ばないシンボル、ご当地キティ姐さん。流石です。

|

« 秋葉原が世界の中心になるために | トップページ | 隠し砦の三悪人2008 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事