« 領収書のマナー | トップページ | エースのお店 »

コーランに手を出すな

 コーラン引用でイスラム社会から非難

 こっち側から見れば、海賊版に対してのクレームなので盗っ人猛々しいと思うのですが、アチラから見れば日本人の侮辱が大いなる神(アッラーフ)の意思の元に白日の下に晒された。これはすべて大いなる神の思し召しである。ってことになります。 これこそが文化の差というべきことがらです。

 ともかく日本人はイスラム文化に対して無知すぎることも、大いなる反省点でしょう。

 一つの要因としては聖典であるコーラン(クルアーン)がアラビア語以外の翻訳を禁じていたためアラビア語圏以外では、その本質がなかなか理解されないためだと思われます。

 コーラン(クルアーン)はアラビア語による詠唱によって完成されるものとも言われているので、日本語の歌を外国語に翻訳してもその性質が完璧に伝わらないものと思えばてっとり早いかもしれません詠唱を聴いてこれを美しいと思えるなら、イスラム社会のよき理解者になれる素質があります。

 信仰の対象は大いなる唯一絶対の神(アッラーフ)。絵に描くことさえもはばかられる、(まさしく)神々しい存在なので(偶像崇拝の禁止)ビジュアル化したり、キャラクターのネタにしようなどもってのほかというか、本当に殺されますなぜなら侮辱するものを徹底的に懲らしめることを明言しているからです。

 イスラーム教は相互扶助を中心にした穏やかな面と、戦いには徹底的に完遂する激しい面があるので、穏健なものを期待してはいけません。こと教義には、すべてのことがらは唯一にして絶対の神(アッラーフ)はちゃんと記録しているので、よき信奉者には2倍の祝福が与えられると言われています。

 信仰においては、自分の都合の良いことだけを願う信者と、現世利益をほいほい与えるような都合の良い神を徹底的に非難しているので、日本人の生ぬるい感覚ではおおよそ理解できないものと思って下さい。

 その絶対的な神からの言葉を授かった預言者(神の言葉を授かった者、未来予知能力者の事じゃありません)マホメット(この御方も偶像化絶対禁止)の言葉をまとめた聖典がコーラン(クルアーン)なので、これを悪者が読んでましたというのは、とうてい納得しかねることなのです。

 三大宗教、キリスト教、イスラム教、仏教などと言われていて、戒律に対し無知すぎる人間が、"なんかすごそうだから"という理由で、ターム(用語)、ネタとして引っ張ってくることをよく見ますが、ことイスラム教に関してはその本気度が桁外れなので、うかつな気分では絶対に手を出さないほうが良いと明言しておきます。

|

« 領収書のマナー | トップページ | エースのお店 »

オタクと事件」カテゴリの記事