« NEXT-ネクスト- | トップページ | こわれかけたTV(ティビー) »

バイバイTV

クライシス2011 アナログ停波問題。

 考えてみれば、デジタル化の恩恵を受けるのは真っ先にアニメファンだった筈です。動く色検査のようなアニメは、TVの性能を見極め、ゴーストノイズが無くなりどこでも、アンテナ近くの家のようなクリアな画像で番組が楽しめます。さらに音は良くなるし、デジタル-デジタルのダビングが出来れば、ライブラリーは超充実。

 まさに新時代を担う消費者として、アニメファンはそのリーダーになってもおかしくないのです。深夜寝てるような時間にやってる番組を、せっせと録画してCM見てくれるありがたい存在ではないでしょうか。

 しかし現実にやって来たのは「泥棒呼ばわり」のハード群でした。

 無料の民放放送を受信するだけなのに、勝手に付けられた暗号を解除するカードを購入せねばなりません(B-CAS)

 さらには録画しようとすると私的録画保証金を巻き上げられます。民放放送は広告料によって成り立っているのだから、CMを何度も見る番組録画からは、むしろお金を貰っても良いぐらいじゃないのでしょうか?

  私的録画保証金も、まったく不可思議なものです。権利者に正しく環流されているならコピー制御を取り払ったところで、コピーの数だけ収益が上がるわけですからむしろメディアが売れた方が権利者は儲かるはずです。次から次へと子コピー、孫コピーが増えるというのも一理ありますが、知人に頼むより、買ったほうが早いし、パッケージ商品としての付加価値があれば、商品利益を損なうどころかむしろファン顧客を増やす宣伝みたいなものです。

 見るだけで搾取、録画だけで搾取、普段の買い物にも広告宣伝費が乗っていますからまた搾取、三重取りで巻き上げようとしているわけです。

 アナログ波停止という戦後最大の大失策のおかげで、買い換え能力の無い家庭からはテレビが奪われます。その結果広告効果がなくなり、TV局はスポンサーを失い悲鳴を上げることになります。(もう悲鳴が上がってますが

 私たちが新しいハードに買い換えようにもまだコピーワンスは居残っています。地上げヤクザみたいなものですしかも出ていく気はまだ無いようです。(次に来るのはコピ10ヤクザですが)

冷静になって考えて下さい。やり方は単純なのです。

  1. アナログ波停止は、最後にアナログテレビが販売されて10年以上とする~自然買い換えを待つ~
  2. コピー制御は全廃する、その代わりに私的利用以外は罰則規定を強化する。

この2点だけで、10年後にはスカっとデジタルばかりになっているかと思います。

 目先の小銭をちょろちょろ掠める団体が、全部台無しにしていると声を大にして言いたいのです。

|

« NEXT-ネクスト- | トップページ | こわれかけたTV(ティビー) »

新製品」カテゴリの記事