«  地域作品 | トップページ | 会津若松といえば »

会津若松の怒り

 今、会津若松で投宿中です。

 白河以北一山百文

 お恥ずかしながら、昨日初めて知りました。”白河”(宇都宮と福島の間)より北は価値が無いとする、薩長による東北を侮蔑した言葉で、これに憤慨してつけられたのが東北圏のブロック紙「河北新報」です。

 明治以降の近代史があまり触れないのには、薩摩長州派閥の話には公にしたくない部分も多いというのがあると思います。

 その一つが東北戦争で、幕末、会津藩が京都守護職の任命を受けて、その配下として”新撰組”があったのは有名な話。新撰組は京都で起こる今で言う、クーデター、テロ攻撃を未然に防いだことで一躍名を残す事になったのですが、その攻撃された側が主に長州(現在の山口)の人間で、徹底的に弾圧されています。

 しかし、ここで出てくるのが坂本龍馬。会津と組んでいた、薩摩(現在の鹿児島)を、京都を負われた長州との間に立ち薩長同盟が成立、いち早く西洋からの武器買い付けにより近代戦の装備を調え、薩長は優位に立ちます。

 薩長は倒幕を計画し、時の将軍徳川慶喜を血祭りに上げようとするもの、国の統治権を朝廷に返上する”大政奉還”により、表だっての攻撃名目が無くなり、関東が火の海となる江戸城開城戦も勝海舟により、無血開城となりました。

 元々会津(藩)は、孝明天皇の信の厚い、直属の警察とも言うべき存在だったのですが、孝明天皇の崩御により状況は一転(これは孝明天皇が旧体制派だったので、暗殺された説があり、日本史の謎の一つ)。会津も徳川慶喜とともに京都を離れて、朝廷に対し恭順の態度をとっていたのですが、薩長による明治新政府はこれを受け入れず、結局は京都の復讐とも言うべき会津戦争となります。 

 この時にかり出された若年兵、白虎隊の話も有名ですが、戦争に敗れた会津人の取り扱いはひどく死体を晒したことに対する怒りは根深いもので、日本の近代史の暗部とも言えます。

 白河以北一山百文、この言葉も明治以降のもので、明治政府に抵抗した奥羽越列藩同盟に対する侮蔑でもあるわけですが、そもそもの東北戦争が必要であったのかという議論ももっとあるべきでしょう。 作家、司馬遼太郎氏は倒幕のエネルギーが明治新政府に向けさせないためではないかと書いてます。

 話は近代に戻って、新撰組ブームなどから実直に幕府の命を全うした会津藩の立場も理解されるようになってきたのですが、未だに根深い怒りがあるところに、TBSが「鶴ヶ城は糞尿が溜まり不衛生だから開城された」などと面白おかしくやってしまいました。これは会津若松が怒るのも当然といえるのです。

|

«  地域作品 | トップページ | 会津若松といえば »

旅行・地域」カテゴリの記事