« エイプリルフールを考える | トップページ | 逆転裁判1-4 »

やめたらどうなる?

 出会いと別れのシーズンです。古い知人も永年続けた仕事を辞めて、田舎に帰ってしまったりと、そろそろ年相応というのが重くのしかかってきます。

 最近、知人がアニメーターを辞めました。腕はあるのですが、両親のために田舎に帰って出直すと行ったところです。

 そこで話題になったのが、絵を描く仕事はどれくらいで「使えなくなってしまうのか」

 某ベテラン漫画家さんは「3日絵を描かなかったらもう駄目」と言ってました。女性誌ですが緻密な絵を描いた方なので、繊細な個性みたいなものが失われるのでは無いかと思います。仕事のない時でもひたすらコンテを描いて絶対に手を休めないそうです。

 アニメーターの場合は「2クール休むと腕が鈍る」と聴いたことがあります。ただし、リハビリ時間があれば、動きの勘は徐々に取り戻せるので、少しばかりは休んでもかまわないという話でした。

 そんなこんなで、彼を「いつでも帰ってこい」と送り出したわけですが、二度と帰ってこなかった人も多いので、数少ない例外にならないかなぁと、思うのでした。

|

« エイプリルフールを考える | トップページ | 逆転裁判1-4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事