« シンプソンズ、DVD上映会 | トップページ | 囲い込みビジネスの甘い罠 »

中身が無いものを持ち上げるな

 最近「中身がよくしれないものを煽ってるのでは?」文章をよく見ます。進行中や、これから放送、公開する作品は顕著です。

 宣伝文感想というのは全然違います。宣伝なら宣伝のスタンスというものがあります。中身の分からないまま書くのは筆者が全く責任を持たない行為でもあるのです。推測で書くのなら推測であるとはっきり明記しておく必要があります。よく分からないものを盛り上げようとするのは扇動以外のなにものでもありません。

  周辺の盛り上げに気をよくして自分以上の力を出す作家さんもいれば、その逆もいます

 実力のないうちに過剰な評価を受けるというのは、大変危なっかしいことでもあります。実際過去歴にあったキャリアとされるものも、他人のイメージの借り物だったり、加工だったり、場合によっては名前のでない共同作業者の力が大きい場合もあります。 そんな人間が過剰に盛り立てられたらどうなるでしょう? あまり良い結果は出ません。名前だけ売れて駄作量産マシーンと化すこともありますもにゃもにゃもにゃ

 わたしも「この人こそは!」と思って熱心に書いた作品がアレすぎる出来で顔をまっかっかにして反省したことがあります

 どうやら煽ってしまった分、私の地獄行きは確定のようなので、せめて同じことは繰り返してくれるなと思うのでした。

|

« シンプソンズ、DVD上映会 | トップページ | 囲い込みビジネスの甘い罠 »

オタク考察」カテゴリの記事