« 江ノ電鎌倉を去る | トップページ | 映画『ジャンパー』(ネタバレ) »

鉄道博物館D51シミュレーター

大宮にあるテッパクこと鉄道博物館に行ってきました。秋葉原にあった交通博物館が鉄道オンリーでリニューアルしたものです。

 車で到着したのが9時前。駐車場に入庫して入場待機列に並んだら先頭6番目ぐらいでした。ポールポジションを得た以上は狙うのは蒸気機関車D51シミュレーター。一日27人にしか利用できないという、整理券入手難易度がやたら高い実演展示物です。

 会場が10時なので、入場列が信はじめるのは9時半ぐらいからなので、D51狙いなら最低1時間前には並びたいところです。

 整理券は先着順。入場にはSuicaなどの電子カードが入場カードとして使えるのですが、現金で入場カード買った方が若干早かったようです。私はSuicaでもたつきつつも、D51入場整理券列に並んだら5番目ぐらいでなんとか入手。
 朝10:15からの配布は15人までなので、入場先頭にいないとほぼ手に入らないようです。後は2時台の再配布(12人分のみ)のためにまたずっと待機列で待つかしかないようです。

 D51シミュレーターですが、恐ろしく本格的な代物で、蒸気機関車の運転法が分かるというだけでも大きなメリットがあります。ガチャガチャレバーを動かして動作するのはメカスキーにはたまらんです。
 鉄(てつ)人種のみならず、昔の世界を知る上で様々な勉強になります。操作法が分からなくてもガイドの方が説明してくれるので初心者でも安心です。
 いままでレバーとパイプにしか見えてなかったものが、これが何に使うかが分かった瞬間に見識というものが広がっていきます。良い経験でした。

 余談ですが、最近追加された遠野までの新映像でやってみました。遠野にまた行きたくなってきたですよ。

 1.2時間は並ぶ覚悟のいるD51シミュレーターですが、これはムリしてでもやってみる価値のあるものといえます。鉄道博物館に行く際は是非とも狙ってみて下さい。

|

« 江ノ電鎌倉を去る | トップページ | 映画『ジャンパー』(ネタバレ) »

趣味」カテゴリの記事