« 花粉ちょ | トップページ | がっつりグルメ:ホワイト餃子編 »

平城遷都1300年マスコットキャラクター

 最近よく話題になっている平城遷都1300年のキャラクター。作者氏のとこでは意見に対する回答が書かれてました

 素直な感想というより気に入らないものを抹殺したいという意見もあれば、ちゃんと作者氏の力量を考えた上での意見もあり「発表されたもの」と「その評価」という点で大変興味深いものになってます。

 個人的にはネコミミはおっけーで、シカ角を生やらかすのはけしからん! などと狭量なことを言うつもりはないので、キャラクター造型の作法としては問題ないと思ってます。

 しかし、ここでもう一つ別のファクターが絡みます。 人間が恐怖を感じる要因として亜人間的要素があります。つまり頭髪のない頭から直接角が見えたら、違和感を感じる方が当然だと思います。人間部分が9割、鹿部分1割のバランスが要因なのかもしれません。

 奈良を愛する鹿が仏様になった。とかいう設定を付け足せば、なにも問題ないと思いますが。

|

« 花粉ちょ | トップページ | がっつりグルメ:ホワイト餃子編 »

文化・芸術」カテゴリの記事