« おはよう | トップページ | そろそろ »

祈祷

 鶴岡八幡宮に厄払いに行ってきました。案外厄払いのご祈祷のことを知らない人も多いので、ちょっと今日の経験談を。

 申込みは、申込所でお願いします。大きな神社とかなら、申込用の受付などがあると思います。 祈祷料は5000円7000円10000円~と別れていて、このお値段の差ですが、帰りに渡されるお下がり(要するにおみやげ)の差になるようです。

 申込書には住所、名前や何の祈祷かを記入します。厄年の厄払いでなくても、家内安全とか交通安全とかでもOKなので、祈祷はいつでも申込みが出来ます。

 申込みが終わったら、拝殿横の控え室で待機。冬なので赤外線ヒーターなどが置いてありました。しばらくして名前を呼ばれて拝殿へ。待ち時間は15分くらいで、撮影は禁止。

 受付の時に首からかける布輪を渡されたのですが、「肩からかけてください」と言われたのでたすき掛けにかけていたら、首にかけるだけとのこと。 ありゃりゃん

 その後、いよいよ一般参拝では上がることの出来ない鶴岡八幡宮の拝殿へ。上がるときは言われなくても一礼するほうがいいでしょう。やり方は「○○の間、頭をお下げ下さい」など声がかかりますので、基本座っておくだけなのですが、神前なので正座は当たり前。正座が苦手な人は10分ほど我慢するように努力しましょう。

 途中にご祈祷内で住所、名前が読み上げられます。二礼、二拍、一礼を行い宮司さんのお言葉を聞いて終了。

 終わったら、木札、お守りなどを頂いて厄払いはおしまい。 他にもお菓子、交通安全ステッカーなど頂きました。

 厄払いは迷信もという人もいますが、厄年というのは病気や親族の死など人生のトラブルに見舞われやすい年でもあるので、厄年に油断しないと言うことは大事なことだと思います。

 厄払い祈祷も、言ってみれば寺社の収入源でもあるので、維持費を賛助すると思えば高くないと思うのでした。

|

« おはよう | トップページ | そろそろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事