« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

真夜中の行列地獄

 はふー、面白半分に行ってきた秋葉原ToHeart2深夜販売から帰宅しました。今回は深夜販売のみの限定スティックポスター配布などという、かわいそうなことをやってしまったので夜中の秋葉で大行列になってました。

 深夜販売もいろいろ知恵を付けてきているようで、いくつかのショップは開始までに事前精算して12時になったらお渡しだけというスタイル。

 私はうっかり予約票を忘れてしまったので、当日販売目当てに行ったのですが、アソビットであっさり事前精算完了。11時ぐらいから前にあるソフマップの行列見ながら並んでいたのですが、ソフマップはどんどんふくれあがるヒトヒト。 どうやらぬくぬくウォーターマットなどのお店独自の特典が功を上げたみたいです。   …が!

 開店前は新堂真弓さんと成瀬未亜さんのイベントっぽいものがあったのですが並んでるヒトには無関係

 開店後はサクサク進むのかと思いきや、29日発売ゲーをいろいろ複数売ったため受け渡しが手間取り牛歩事前精算にもかかわらず最後尾は2時になってもまだあったとか。

 アソビットは1時間並んだおかげか、数分で終わりましたので12:12の京浜東北線最終でさくっと帰れました。

|

ミラーマン畏(おそ)れ

先日東京MXテレビでミラーマン第35話「SGM特攻作戦」を鑑賞。

 たしか34話「SGM対ミラーマン」で幼少時の記憶がとぎれているので
ミラーマンがSGMに倒されたままの凍結物語が何年かぶりに進んだわけです。

 そうか! 怪獣の下からあおりシーンが野外撮影なのは
スタジオだとライトが映るせいか!


 いやいやそんなことはどうでもよくって、ついにミラーマンがマジ死にしてしまうのですが

御手洗博士
「私は、科学者だ 神には祈りたくない・・」

カミナリ ごろごろー!

「おお想像を超えた、奇跡の力で
 ミラーマンが蘇ったぞ!」



 なんだかわからん理由で
 復活しとったんかーーーーーーー!!!!!

 うーむ「神の御手」ってのは脚本家氏の宗教的ポリシーなのか、理由付けがめんどくさかったのか、どうなんでしょうね。 ミラーマンが「神の意志によって現れた奇蹟の具現化体」で宗教的バックボーンを持ち合わせると、なんだかすごいものになりそうな。

|

ワンフェスはこれでいいのだろうか?

 ワンフェス2008冬に行ってきました。欲しいものも買えたし、知人にも会えて楽しかったのですが、どうにも何とも違和感が残るのです。

 イベント的には大規模だし、集客力もあり、ホビー系最大のイベントであることには間違いないと思うのですが、例えば、今回人気があった『らき☆すた』にしろ「初音ミク」にせよ発信地が外部であり、模型発のムーブメントではないと思うのです。

 模型バカなら、figmaとリボルテックなら「figmaは元にあるニュアンスの抽出、リボルテックは元情報の再現」みたいな比較視点で、figmaの仕掛けようとする立体情報にはすごく興味あると思うのですが、ただ単に「こなたのフィギュア買いに来ました」って人がほとんどだと思うのです。

 例えば、某ディーラーさん、写真録る人間は多くても模型に関して話しかける人間がほとんどいなかったそうです。つまりキャラは分かっても、情報の再現力という、一番の面白部分がスポイルされているような気がするのです。

 「模型的にぬるい人種は来るな」ってことじゃないのです。最初は知らなくて当然なんですから、「なぜ、これはすごいのか」を分かって貰う事が大事だと思うのです。針小棒大に大げさかつ、えらそうに言うんじゃ誰もついて来ないですよ。

 私が思うに、造型ディーラーのみに投票権を与えて、アカデミー賞みたいな造型の評価体型があれば良いと思うのですがどうなんでしょ。

 模型のすごさを知ってない人間が何万人来て、イベントが大成功といっても、そこに模型発の何かがなければ、余所のムーブメントにふらふら左右されるだけになってしまうんじゃないかと思ったのでした。

追記 関連事項として

ニュータイプ4月号の長門のフィギュアの出来の悪さは異常
http://fsokuvip.blog101.fc2.com/blog-entry-488.html

 これがニュースサイトに取り上げられたことに強いショックを受けました。

 ピンキーは金谷ゆうきさんの創作した組立型フィギュアシリーズです。独自のキャラクター性があり、最近はPキャラという「(タイトル)×ピンキー」のコラボレーション企画も展開されています。Pキャラはオリジナル芸風(ピンキー側のスタイル)に合わせるというのが約束事なのです。つまりピンキー似のキャラになるのが正解。

 いきなり見せられてびっくりする気持ちはわかりますが 自分の知ってるキャラクター像に対して違和感があるから異常とか書くのは全然評価のレベルが違うと思うのです。ましてや煽るのは完全な筋違いです。

 造形物作家のスタイルというのが、完全に無視されて「出来の悪さは異常」というのならあまりにもひどすぎます。

 マッチング論として、なぜたれ眼系のキャラ造型を使わなかったのか、中途の監修段階で何が行われていたのかなどの、アイテム的な問題も無論あると思いますので、「誰もが違和感を抱くレベル」であるということは、重要視するべきだと思います。

 しかし間違った評価軸で大きく語られることは、面白半分にやってる側としては理解できないほどの損害を、作者側に与えるのです。

 造形作家のことを知らずに書いてしまったのは仕方のないことでしょう。そういう作家性を重く取り上げない側の問題でもあります。ただし間違いの本質に気がつかないと、取り返しのつかないことになると思うのです。

|

どんな望みも叶える方法

 ホントはお話のネタとして考えていたものなのですが、あまりにも普通かつ万能なのでここで公開しときます。

 これからあなたはどんな望みでも叶えられます。ホントです。さしあたり100円ぐらいあれば可能です。

 もったいぶらずにちゃちゃっと進めましょう。ノートを一冊用意します。大きな望みほど分厚いノートが必要なので野望が大きい人は追加のきくバインダー式が良いでしょう。

 そのノートのおしまいに望みを書きます。小さな望みなら1ページで充分です。

 次のそのノートの中間に、それを達成するまでの中間点を書きます。

 次にその中間点と、端点の間に中間点を書きます。

 一通り書き終われば、後は実行するのみです。    こんだけ

ケース1 世界征服したい

  • 末尾が世界征服なら、その中間点は軍事国家の首長が妥当でしょう。
  • 今の自分と軍事国家の首長との間には国民を扇動する言論機関の代表をおきましょう。 かっこわらい
  • 自分とメディアの代表の間には有名なキャスターをおきます
  • 自分と有名なキャスターとの間には強い自己意識とコネをおきます。政財界の研究会のようなもののメンバーが妥当かも知れません。
  • あとは将来、強い影響力を持ちそうな人物と接触が出来るよう地元団体の後援会に入る。>政治に関心があることを立証するために勉強する>まずは図書館に行って本を読む。

と分断化していけば、どんなことも理論的には出来ないことはないのです。とりあえず中間地点理論と名付けときますか。プランニングとスケジュール進行は自己責任。今の自分と間にアメリカ大統領!とかおいても国籍が違えば、被選挙権がないのでその段階でアウト。

ケース2 アイドル声優と結婚したい。 かっこわらい

  • 中間地点に同業者を置いてみましょう。
  • 自分と声優、もしくは音響関係者の間にあるのは「スキル」であると中間ポイントを作ります。
  • 今の自分と、演技なりの技術を埋めるのは大量に勉強することかも知れませんが、はじめられないものでもありません。
  • 終わり側の中間点としては、同業者でその当人の好みとピッタリ合う。 が妥当ですか。こうなるとかなりリーチがかかってきますが、その間に今の恋人がいれば間に割ってはいるというタイトなスケジュールになるので、難易度は高くなるのは間違いないところでしょう。

 すべからく言えるのは、中間地点の設定を間違えたら、どうにもならないと言うことです。当然ながら物理的時間的に無理な願いもできません。たとえば複数で相談しながら中間地点を決めていくのも良いでしょう。

ケース3 毎日ごろごろして遊びながら暮らしたい

  • 年金完納、貯蓄完璧、面白いゲーム収集 などが中間点ですが、目標としてはけっこうハードルが高いような気がします。

ケース4 世界人類が幸せになりますように

  • 俺様思想で全員が統一されたら、自分基準で世界は平和
  • 俺樣思想に馴染めないのはみんな殺してしまえば良いんだ

ってな感じで、悪役キャラの行動原理作りにも応用できます。

ケース5 脚本家の○○○○がマトモになりますように

  • 自分が全面肯定できるぐらい好きになれば解決!

 自分の行動では影響外の他人までは変わりませんので念のため。

|

次世代録画機切実要望

 東芝のRDを購入した理由を思い出してみました。

  • RD-X1 (個人的には初の)HDD記録、DVD書き出しのVHSを超える未来レコーダーの登場。
  • RD-X3 X1の不満点の解消。小型軽量化
  • RD-X5 Wチューナー、W録画、HDDの大容量、マルチドライブ 現在2台所有で片方がVHF、片方がUHF局と定番専用

 と、次世代移行の録画環境の変化を堪能してきたわけで、録画しないと(たぶん)死んでしまう録画依存主義患者、録画バカとしては、次の検討がつかないという浮動した状態にあるわけです。X7がHDDVDじゃなくて、BD搭載だったらデジタル環境対応としては魅力的だった訳ですが。

 ここで録画バカからの要望として、ツインディスクレコーダーをメーカー各社に望むものであります

 何故ツインディスクなのか。

  1. コピーワンス規定の変更から、某海外製や某国内メーカーなどのへっぽこディスクに録ってしまった録画物を信頼性のあるディスクに移行したい。または編集したい。DVDから次世代ディスクにまとめたいのが一番の理由。
  2. HDD録画から、高画質保存ディスク、低画質保存ディスクなどの移し替え作業がいっぺんにやりたい。もしくは一度に2枚のディスクに録画したい。
  3. 低レート録画からジャギー対策移行なども出来ると超魅力
  4. 故障原因としては、ドライブの不具合が多いので常に予備があるといい。

 コピーワンス解除が出来ること前提ですが、解除できませんとかでは困るのでダビング10ディスクにムーブということでそこはなんとか。

あと、USB端子、iTunes搭載の録画機も欲しいです。

 うちの実家みたいにパソコン使えないから携帯プレイヤー使えなかったり、未成年の携帯プレイヤー普及を考えると、誰でも変換できる環境需要は強いと思いますので、これが録画機に持たせればユーザー拡大にも繋がろうというものです。 携帯プレイヤー自動転送があればなおグッド。録画機が認証しているプレイヤーのみに落とすなら著作権的にも問題ないと思うのです。 独自携帯ハード持ってるとこもいいかげんユーザー意識を考えて欲しいのですよ。

 私は文句の多いツンギレソニーファンなのでPS3にソニックステージ搭載とかやりゃいいのにと思うのですが、今の使い勝手の悪いソニックステージならノーサンキュー。

|

スウィニー・トッド

 スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 何とも誉めづらい映画です。映画としては珠玉の作品なのですが、やってることは血がドバー!人体損壊の悪趣味映画。 この映画が大好き! なんて人には正直どん引きしてしまいますが、それでもラストに至るまでの時間は素晴らしすぎます。

 現実と空想の折り合いのついたオトナの見る映画で、空想と妄想と狂気の境目が自覚できないようなお子様や、お子様オトナには刺激が強すぎるかと思います。

  ちゃんとフィクションであるサインが出ているので、無駄に生々しいリアルタッチに比べれば全然安心して見られるのですが、歌と踊りで表現が完成されているため、お子様にもとっつきやすいのが難点というかなんというか。

 どうせレンタルや販売DVDとかも年齢制限しないのでは。

 バートン映画というと 嫁さんが面白い役で出てくるのですが(マーズ・アタックの美人宇宙人、スリーピーホロウの鋼鉄の処女に串刺しされる役)今回は堂々たる主役ぶりです。

|

PEN’ZGEAR

 タカラトミーの新製品PEN'ZGEAR。個人的にはヨーヨー以来のヒットの予感がしてますが、実際どうなんでしょうね。

 自分もペン回しをマスターしたいので先日横浜に買いに行ってきました。

ヨドバシカメラトイコーナー(横浜) 取り扱い無し

アダチ(横浜駅ビル1階のオモチャ屋) ペンのみアリDVD無し

東急ハンズ(横浜) 売り切れ 4月まで入荷無し(メーカー在庫もないとのこと)

トイザらス(みなとみらい) レジのところにフルセットあり

あとついでに、ららぽーと横浜にくっついてるイトーヨーカドーも取り扱い無しでした。

 むむう、あまりにもばらつきがありすぎますな。ちなみにすぐ無くなるのはレッスンDVD付きのものです。(ペンのみには初級のみのペン回し解説書)ハンズのおねーさんの弁をそのまま信じるとしばらくは入荷がないそうなので、欲しい人は今週末に買いに行かないと手に入らないかと思います。

 しかし・・・ぜんぜん まわらんです・・・・ 練習あるのみですか・・・

|

プレステージ

 DVDで『プレステージ』を鑑賞。

 世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「メメント」「バットマン ビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンス。(allcinemaより

 ロンドンを舞台にした二人の奇術師の物語で マジックの秘密をお互いに曝いて行くことで、互いの敬意と憎悪が 混沌としていくといったお話で、脚本上のトリックも 良くできていてどんでん返しの醍醐味が存分に味わえます。『バットマンビギンズ』で見事に極彩色ホモ映画からバットマンを立て直したノーラン監督の映像美も魅力。

 劇中内ではトリックを「確認」「展開」「偉業」と三段階に分けています。確認とは手品が普通の物体であることを認識させること、展開はそれを使って何かを起こしてみせること、最後の偉業(プレステージ)とは消えたものを出すなど奇術師の偉業を発露するもの。

 物語の展開もこれによく似ていて、誰もが知ってる題材で何かを起こして、オチに結びつけるという点で、エンターテインメントの真理を物語の核にしてると言っても良いのはないででしょうか。

 終盤、奇術の種がアレげになっていって、がっかりするのですが、最後はそれすらもネタにしてしまう力技。実に素晴らしい脚本です。 物語好きなら是非ともお薦めします。 ストーリー仕事の人間なら必須。

 あとさりげなく、ウルヴァリンvsバットマンって配役もヒーローファンには見逃せない要素っすね。

 バットマン ダークナイト 予告編

| | トラックバック (0)

主人公は僕だった

 主人公は僕だった

 DVDをレンタルで鑑賞。

 ハロルドはしがない税務署職員。ある日彼に「声」が聞こえてくる。それは彼を主人公にした小説の内容であった。やっかいなことに、彼の現実はあきらかに小説のフィクションに左右されている、そしてその物語は彼の死によって終わる予定だったのだ。

 ってな話で、現実とフィクションがごちゃ混ぜになると言う、混沌型の物語としてはかなりの秀作。特に主人公がいかに「作られたフィクションであるか」を受け入れるまでの過程が、よく描けているので複雑な内容にもかかわらず、誰にでも楽しめるお話になっていると思います。

 ハリウッド式のシナリオ構成そのままなのですが(「主人公」「導くもの」「敵対するもの」の黄金パターン)それぞれの登場人物が、ラストには収まるべき所に収まるので、物語の収れん方法としてはものすごく参考になると思います。

 プロもしくはプロになりたい人向き。

| | トラックバック (0)

録画依存症

 私が観察するだに録画依存症という病気があるようで、録画をしないとしないと最悪死んでしまう可能性があります。録画する事に精神の平定を感じているので、依存症患者の家の電気を留守中止めてみると、強い衝撃を受けます。録画内容によっては発狂、外的要因では殺意を抱くぐらい強い憎悪を抱きます。あなたも身に覚えはありませんか

 録画依存症が発症したのは1980年代の頃だと思われます。依存症患者は特にベータマックスを好んだところから、ブラウン管に投射される画質に異常にこだわったことが観察されています。

 録画依存症は録画物にもたらされる情報に快感を得るため、軽微な中毒患者ともいえます。録画物そのものがアイデンティティーとなることもあります。特に情報化されたグループ内、すなわちマニア、オタク同士内では貴重録画を入手することは立場を左右するぐらい重要なことで、”ウルトラセブンの12話を録画している””タイムトラベラーを録画している”などの情報に振り回された経験者も多いことかと思います。

 その録画依存症も2000年代になって、強い症状が発しなくなります。

  • HDDレコーダーが市販化されたため、テープの交換という作業が無くなり、録りっぱなしになった
  • DVDレコーダーも普及したため、保存が簡単になり、強く意識しなくなった
  • ソフト化されるために、録画物自体の価値が下がった
  • ニコニコ動画などで、見られる場合が多くなった。
  • コピーワンスによる録画制限など不利な状況が加算された

 P2Pも考慮に入れるなら、個人で録る時代は終えて、集団で録画するという時代に突入したのかも知れません。 一般家庭においてもビデオレンタルショップが家庭用レコーダーの変わりを行っているのが実情でしょう。

 最近では録画に関心のない人間も増えています。これがどういうことかというと主要エレクトロニクス製品の需要落ち込みを示唆しているわけです。

 録画依存症の人間は

  • 高画質
  • より多く
  • 失敗がない
  • 保存が無限であれば良い

 などにこだわります。2006年YOUTEBE、2007年ニコニコ動画とフリーダムだった投稿ビデオが規制と削除に動く中、再び録画欲求が強くなる可能性もあります。

 そういった中に録画依存症御用達のRDシリーズが、BD未搭載とか空気読まない発表された日には、東芝離脱も進もうってものなのですよ。

|

ブログ十戒

個人的にここの記事書きするときに気をつけてる事項をいくつか。

・タイトルに意味があること
・内容は可能であれば1行で表現できること
・文章は平易でわかりやすくすること
・難しいと思われる内容には注釈を入れること
・断定は避け、こう思う。こう考える。とまとめて
 出来うる限りでその根拠を書くこと

 後は
・デコレーションbirthdayアイテムpouchは意図のpenあるときhappy02以外は使わないannoypunchend
・アホアホなレベルを水準線として思想的なニュアンスを
  持つ場合はそちらに偏らないようにする
・集団性ヒステリーには巻き込まれないようにする
・読んで貰うだけでもありがたいと思う
・望まないことはしない

 重要なのは、思考に至までの根拠であり、うまい/へた、面白い/面白くない、死ね/○○は神、とか一言で書いてもそれは反応のまとめであり、人間が発する意見、感想、批評になるには「何故故に」が必要だと思うのです。

 どのようなブログであっても根拠が付け加えてあればあれば、ネットにある人間性の表示になり、どんな意見も眺めるだけの価値を持つと思うのでした。

|

HDDVDは日本で勝てたかも知れない

 正直 HDDVDはもう頑張らなくて良いと思います。

 今となったらもう意味はないですが、国内ではまだなんとかなるんじゃないかと思った根拠としては録画マニアの存在があるから と考えました。身内をサンプリングしてもあまり意味はないですが、少なくとも知人関係の録画大好きな人間は高確率でRDユーザーが多かったからです。

 RDが支持された要因というのは、ビデオテープからの移行メディアとして最新だったことがありますが、RD布教家がいたるところにいたという点も大きいでしょう。客が客呼ぶ口コミアイテムとしてRDは強い支持がありました。

 さて、その録画マニアにとっては、録画物は人生そのものです。これを継承するためにもRDの血統をもつ東芝機を買うというのは宿命と言っても良いでしょう。 宿命でも懐具合と割引セールにはよく寝返ってますが。 すなわちHDDVDとブルーレイ機なら選択肢として東芝が主体となっているHDDVDが優位なわけです。ブルーレイソフトはPS3があれば充分なので、不利になることはありません。録画はHDDVD、再生はPS3という棲み分けは可能であったと思ってます。

 強いユーザーグーループを保持してる例としてはかってのベータがあります。録画機としては優れていたベータデッキも、大衆消費の波に飲み込まれて負け組となりましたが、それでもかなりの長期間ハードとしては頑張りました。結果的に大量の不燃ゴミを(以下略)

 LDがDVDにあっさり駆逐されたのは、同じものが次々ソフト化されたのも、あるんじゃないかと思います。

 実際問題としてブルーレイが過去の録画物を再生できないわけではないので、HDDVDのみが完全継承というのは一種の迷信というか盲信みたいなものですが、要因としては無視できぬものがあったかと思います。

 簡単に言うと合理主義市場のアメリカでは、HDDVDは魅力がないかも知れないけど、血統主義を重んじる日本のマニアユーザーはこれからのHDDVD市場を支えたかも知れない。という小理屈でした。

 ということで

 過去の録画物の完全継承(ファイナライズされていないものまで)&高画質化可能デッキがあったら、私はそこに寝返るつもり

|

ザ恋愛インタビュアー

ザ恋愛インタビュアー

恋愛について1000人に聞いた答えがみられます(笑)。回答自動生成タイプですが、色々新しいものが出るものですね。

 ためしにやってみた

 第1位 おじいちゃんみたい

 んがー、自動生成のくせに妙にツボついてきたことをー。いや多分年齢的なものからなのでしょうが。

 一緒に大正、昭和初期の遺物探ししてくれる女性は大好きです。あまりレトロ趣味の異性の友達いませんなー。

|

HDDVD

 アメリカでは劣勢になったかも知れませんが、日本ではまだまだ分かりませんよ!

と言うことを書こうかと思ったのですが、ついさきほど東芝も撤退の意思を表明したとのことスタースクリームキャンペーンで購入した知人も多いので、なんともはや。

 結果的には、フォーマット争いにこれ以上巻き込まない、ユーザーのためになる大英断であったと思います。

 とりあえず私はBD搭載のRDが出るまで、買い待ちですか。まだまだ東芝機を買う気満々なので、RDからの次世代ディスク乗り換え組を手放さないようはやいとこ出して欲しいものです。

 VHS/ベーターや、LD/VHDの時のようにある程度独自規格のソフトが出回ってからではなく、早期決着したのでソフト的には損害が無かったことでしょうか。HD-DVDのソフトは数えるほどしか無いし。

 これでBDソフト化に拍車がかかって欲しいところで、合わせてDVDボックスが値崩れを起こすので、なんだかいろいろ買いのチャンス。

 昔、LDのアニメがすさまじく値崩れを起こして一枚200円ぐらいでたたき売られていたこともありました。その頃ごっそり買ったのが現在ひたすら邪魔になってるわけですが。 買ったものには貴重なものも多いのですが、ハード壊れてるので、かなり負担になってます。継続がきくDVDならちょっと安心。

 DVDは箱が邪魔なんですよね。トールケースに一枚とかで場所取ってるし。特典フィギュアとかホントじゃまです。イイモノもありますが以下略

|

アラウンド・ザ・ワールド

外務省 海外安全ホームページ は是非目を通すべきだと思うのです。

 海外の渡航情報ページなのですが「誰にでもわかりやすく」と言うことなのでしょうか、表現が直接的です。

 コンゴ共和国では、鉄道は、民兵に襲撃されたり、レールの老朽化に起因する事故に遭遇するおそれがあるので、極力利用しないでください。など、のんびり鉄道旅行とはいかない現状が書かれています。(2008年2月記)

 ジンバブエの混乱ぶりは大変なようで、海外からの視点からは想像もつかないことになってます。

 日本も数少ない安全度の高い国ですが、それでも犯罪は発生しています。海外では強い警戒心を持たなければ犯罪被害に巻き込まれるので、まずは心の予防ありきといったとこでしょうか。 スマッシュアンドグラブ(停車中の車の窓ガラスをたたき割って、荷物を強奪する)なんてのもあるので、警戒心だけでは、どうにもならないものも多いようですが。

|

リトルバスターズ!(超ネタバレ 見るな危険)

 内容に関することが記載されていますので、ネタバレが嫌な人は見ないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 いや、もうなんというひどい話なんだか。ひどいというのは劣化してると言うことではなくて、情け容赦のない物語展開を指しますので念のため。

 美少女ゲームは数えるほどしかやらないので、比較相対的には語れないのですが、今時のシナリオってこういうのが主流なのでしょうか。

 簡単に言うとカードの裏表ですか。 カードの表面ばっかりみせていたら、突然裏面がでてきて「うわぁなんじゃこりゃ」って感じになります。 昨日「通り魔」と書いたのは萌えゲーだと思ってるととんでもないですよ って意味で。

 主題歌でも「やがて来る過酷へ」と歌っているので、何かあるとは思ってましたが、各ヒロインになんか裏面設定があるというのは、まあなんといいましょうか。 前半アホアホしてる分、キャラルートに入った後半のギャップが激しすぎます。精神崩壊×2、暴徒に蹂躙、半狂気、分裂、いじめ。エロゲー化で反対する人が多いのもうなずけます。各ヒロインシナリオでエロついてもこりゃ嬉しくないないです。

 それぞれにオチがつくので、最後までやってれば嫌な後味はつきませんが、ユーザーの「わーい、萌えー」という気持ちに冷や水ぶっかけるのは狙っているんだか、シナリオ構成上ドツボにはまって失敗したのか、端からは分かりません。

 物語構成としては良くできていると思います。しかし、もはやお家芸とも言うべき、地域限定奇蹟券の発行は止めて欲しかったです。

 物語上のナゾというのは借金みたいなもので、解決で返済するのが物語作家の力量です。その借金を奇蹟券というファンタジーで返されても「まあ、ゲームだから」というあきらめにしかならんのです。

 物語のシメとして、悲惨な話を救う手段としての奇蹟。というありようは良いと思うのですが物語は結末からぶら下がるものというのが私の持論なので、奇蹟発動でリセット落ちになってしまうと、それが素晴らしい物とは評価しづらいのです。

 キャラクターの作り込みと、台詞回しの巧さは世界に誇ってもいいと思うのです。こんなにちゃんと台詞が読みたくなるお話はめったにありません。音楽面でのセンスも突出してると思うので、あやふやなファンタジー落ちさえなければー と思うのでした。エンディングが主題歌別バージョンというのもグッドです。

 余談 いかつらつらと

 発生している現象をハードディスクの故障のようなものと仮定してみる。どこが壊れているのでまともなルートでは先に進めない。主人公は自分の願いを叶えることが結果的に解法となるが、それにはもう一つの理由付けが必要。 他人との絆か? 救うという要素に利己的なもの以外はなにかないか? 気づかないところで救うべき事象が発生してないか?

|

リトルバスターズ!

 一通り終わらせてみました。

 CLANNADが人生なら、リトバスは通り魔

 と書いてみる(笑)

 永年生きてくると、色々思い当たることに引っかかるので、のんきに楽しめないですよ。ちゃんとした感想はまた明日。

|

児童ポルノの規制

 またぞろ、やり玉に挙がった児童ポルノ規制ですが、これって票集め見え見えの規制論なのでかなりうんざりしてます。

 判断のつかない未成年を、ポルノという市場に出さないためというのは至極ごもっともでなので、現実にいる人間が対象になるのは仕方ないことです。 単純所持も認めないとなると、HDDにある画像で逮捕なんて事も次々出てくることでしょう。 ロリさいこー!とか言ってると内偵されて踏み込まれる なんてことも充分あり得るでしょう かっこわらい。

 過剰な規制に対抗するにはどうすればいいでしょう。

 これは単純 選挙に行きましょう。

 身近な問題と共に、もうちょっと政治にも関心を持って選挙に行って、オタクなことに関心のある層の票率を上げることが民主主義的な解決方法です。

 納税もしない、投票も行かないなら政治レベルではいないも同然なので、どんなに虐げても票には響かないというのは重大なことなのです。

|

エネループ

 サンヨーのエネループを愛用しています。

 先日ごっそりと買いに行ったら、知らないうちにUSB充電も出来るようになっていたとは。ずいぶん便利になったものですなぁ。

 この際だからすべてのノートパソコンのバッテリーを代用できるようになってくれないかなぁ。バッテリーが死にかけなので外に持ち出せないノートとかがあるので、規格電圧アダプターだけ各社対応で、本体はスロットに単三ごっそり積み込んで、いくらでも再利用可能だといいなぁ。 ぽわわん

|

ソニックステージはつかえない

 ちょいと取材旅行に行くので、ウォークマンのNW-A919に旅行中聴きそうなベストを作ろうと思い立ったのですが…

 毎度のこととはいえ、ソニックステージはホントに使い物になりませんな!

 メモリオーディオでベスト曲集作ろうと思ったら、ふつうはフォルダを作ってそこにじゃんすかファイルを放り込んで、それをプレイリストに読み込ませ、順番を変える。 といったのが手順なのですが、SONYの音楽管理ソフトソニックステージだと、こんな簡単なことすらもできない

 音楽ファイルをソニックステージ上に認識するときに、アルバム名やアーティスト名ごとに振り分けられるので、せっかくまとめても全部パー。 

 改めてソニックステージのプレイリストを作って曲を登録し直しとなるのですが、コンピレーション、オムニバスものはアルバム内のフォルダに収まってない場合が多く、一曲ごとにリストに名前があがるために、煩雑になりどこに何があるのかがさっぱりわからない。

 やっかいなことに、名前を打ち間違えたりする場合があるので、もう一度ソニックステージ上で拾い出すのが大変苦痛です。

 その上重くて、しょっちゅうフリーズするし。

 一個前のバージョンだとプレイリストに追加のたびに、順番が崩れるなんてことがふつうに起こっていたし。

 楽しい音楽リスト作りで、何度ブチ切れそうになったことか。

 SONYは一度自社ユーザー全員に、購入後の使用に関するアンケートを採るべきだと思うのです。こんな不便なものを平気で放置できる体質じゃ、永久にアップルは抜けないと思うのですよ。

|

そろそろ

コミケの締め切りです。

 郵送申込みは連休明けの12日が最終日。

 オンラインの申込みは翌週の19日までで、サークルカット変更はさらに一週間後の26日まで。

 懸案の特撮本が出来ているやらいないやら。

|

祈祷

 鶴岡八幡宮に厄払いに行ってきました。案外厄払いのご祈祷のことを知らない人も多いので、ちょっと今日の経験談を。

 申込みは、申込所でお願いします。大きな神社とかなら、申込用の受付などがあると思います。 祈祷料は5000円7000円10000円~と別れていて、このお値段の差ですが、帰りに渡されるお下がり(要するにおみやげ)の差になるようです。

 申込書には住所、名前や何の祈祷かを記入します。厄年の厄払いでなくても、家内安全とか交通安全とかでもOKなので、祈祷はいつでも申込みが出来ます。

 申込みが終わったら、拝殿横の控え室で待機。冬なので赤外線ヒーターなどが置いてありました。しばらくして名前を呼ばれて拝殿へ。待ち時間は15分くらいで、撮影は禁止。

 受付の時に首からかける布輪を渡されたのですが、「肩からかけてください」と言われたのでたすき掛けにかけていたら、首にかけるだけとのこと。 ありゃりゃん

 その後、いよいよ一般参拝では上がることの出来ない鶴岡八幡宮の拝殿へ。上がるときは言われなくても一礼するほうがいいでしょう。やり方は「○○の間、頭をお下げ下さい」など声がかかりますので、基本座っておくだけなのですが、神前なので正座は当たり前。正座が苦手な人は10分ほど我慢するように努力しましょう。

 途中にご祈祷内で住所、名前が読み上げられます。二礼、二拍、一礼を行い宮司さんのお言葉を聞いて終了。

 終わったら、木札、お守りなどを頂いて厄払いはおしまい。 他にもお菓子、交通安全ステッカーなど頂きました。

 厄払いは迷信もという人もいますが、厄年というのは病気や親族の死など人生のトラブルに見舞われやすい年でもあるので、厄年に油断しないと言うことは大事なことだと思います。

 厄払い祈祷も、言ってみれば寺社の収入源でもあるので、維持費を賛助すると思えば高くないと思うのでした。

|

おはよう

なにいぃ! ゴッドマンがDVD化だとな!

しかも新作だとな!

【特典ディスク】『新作ゴッドマン(仮)』
監督:手塚昌明
キャラクター造型:品田冬樹
なんとDVD化にあたり新作ドラマを制作!現代に蘇るゴッドマンとは…?! 乞うご期待! もちろんメイキング映像も収録!

うそーん。

 これは正当な作品評価よりも、ネタ映像として新たに発掘されたということなのでしょう。この再評価も、著作権者が目の敵にする無断投稿の温床たるニコニコ動画によるものであるなら、ゴッドマンDVDの売れ行きは刮目すべき物があります。

 あと、らき☆すたのED集で何故か歌われていたというのも、知名度アップの要因ですか。

|

帰ってきましたウルトラマン

 タイでウルトラマンビジネスを独自に展開していたチャイヨープロですが、その根拠となる契約書が偽造であることが認められたそうです。 参照PDF これにより海外での乱立ウルトラマンも解消することになりそうです。

 ウルトラマンの創世にはいくつもの自伝、評伝などが残されていて、著作権が円谷プロに帰属するのは疑いはないことです。 根拠書類が偽造だったというのは、何とも興味深いところです。

 ウルトラマンエリートやULTRAMAN PROJECTなど、チャイヨー製作のものは終息すると思います。

 チャイヨー・プロダクション WIKI

|

萌え論

思いついたことをつらつらとメモ代わりに。

なぜ、日本で「萌え」というものが発生したのか。これを「清めの思想」があるからと仮定してみる。 

1.「清きものの優位」は日本のみではありませんが、古来から「カミ」(神=ゴッドではない)の存在を当たり前のように感じていた日本人は、偶像崇拝に対する忌諱(きい、きき)がほとんど無い。

2.日本はその大衆文化の渦中でマンガアニメなどのキャラクター文化を戦後爆発的に生み出した。その中で少年少女が主人公であることが多い。これは童貞処女と言った「ケガレなきもの」の要因が大きいと考えてみる。

3.登場人物が架空である以上、その存在には還俗的な「ケガレ」をうけない清きものである。登場人物には性行為のするしない、思想的な悩みなどがあるが、もとより架空のものなので受け手の感情の持ちようによって補正がきくものとする。

4.では「萌え」とはなにか? これは「かわいい」の文化および思考を理解することが大切だが、その構成因子として「偶像崇拝」がある可能性は否定できないのではないだろうか。「清きある少年少女」は日本人が潜在的に持つ崇拝の対象であるために、これまた童貞処女、またはそれに準ずる貞操観念を持った人間たちに支持されたと見るのはどうだろうか。

5.「萌え」とは「少年少女への幻想崇拝である」とするなら「シンボル」として「メイド」などが有効なのも不思議ではない。

 以上思考実験の垂れ流しなので、反論などは無用です。

|

ゾーンニングの必要性

 表現の自由は、無制限の許可を与えられているわけではありません。いろいろとやってはいけないことがあり、中には成人向きとされるものがあります。

 ゾーンニングの原則 未成年に成人向けを与えるな。 というのはもっともな意見ですが、では何故未成年に与えてはいけないのでしょうか? これこれこういう理由で未成年お断りという説明がされたのをあまり見たことがありません。

 個人的には、セックスと殺人の取り扱いがあると成人向きということにしていますが、これも厳格な基準があるわけではありません。 先日も良い推理ものだからと言われ薦められた本は、冒頭いきなり射精の虚脱とセックス観の話で始まっています。小中学生も気軽に手に取れる本からしてこんなものです。もちろん成人向けなんていう指定はどこにもありません。今時の少女コミック誌も憧れの異性とのセックスが成就点、もしくはそこから始まる愛憎劇なんてのはごくごく普通にあります。

 ともすれば、悪書としてやり玉に挙げられる成人向け同人誌ですが、キャラクターという著作物を利用しているという点を、ちょいと脇に置いておくと、かなりの高確率で「セックスを無理強いする」というシチュエーションに出くわします。鋭利にスパっと動機にメスを入れるなら、青少年が内包している性欲の最も簡単な解消法ってなとこでしょう。

 こういった点を鑑(かんが)みてようやく強姦示唆、あるいは人格を考慮しない一方的な欲望の解消法が垂れ流されるのは社会風俗的によろしくない。という回答がでてくるわけです。

 逆に考えてみましょう。セックスする登場人物が「相互了解」という点を加えるだけでなかなか面と向かって怒れないものになります。

 強姦まがいのものが大半を占めていて、なおかつ無節操に垂れ流されるようなら、それは厳しいゾーンニングされるべきだと思いますが、エロいのは悪では無いのです。むしろ未成年にだって性欲はあるのだから、ちゃんとしたエロはお届けするべきだと思うのです。

 そのためにも描く側扱う側は「ここから先は見せてはいけない」という価値基準をしっかり持つことが大切だと思うのでした。それが出来ずに無節操なものがばらまかれるなら、厳しくなるのは自業自得でしょう。

 これに、余所様のキャラクター利用というのが乗っかるので、さらにややこしいことになるわけですが。 

 

|

ゾーンニング

ショタイベントが入場者丸ごと、年齢検査になったそうです

 主催者氏の臨時判断なので、これがイコール、すべての同人イベントで同様ってことではないようです。 

 個人的に気になるのは「2割以上成人向けがある場合はゾーンニングを要請」といったガイドラインで、これが施設貸し出し側の基準であるなら、コミケ三日目の東館とかの入場は大変なことになるんじゃないかと思うのでした。

 

|

つまらないの研究(3)

 最近『リトルバスターズ!』をやってます。去年のうちに買ってたものですが、なんかこうずるずるとはじめる機会を失って、今日に至るといったありさま。

 購入後1回はインストールして、プロローグは見てたのですが、途中でバトルパートが始まったのを見て、なんだかルールを覚えるのがめんどくさそうなのでほっといた ってとこです。 実際はそのバトルパートもスキップ可能なので「ルールを覚える」は、まったくの誤解だったわけで、今のとこちまちま進めてるとこです。

 物語には概ねマイナールールが存在します。一般小説であっても社会関係や、一般知識がないと面白くありません。これは誰もが知ってるようでいて、共通とは限らないもので、車の運転一つにしても、中学生が読むのと免許持ちが読むのとは、絶対的な差があります。これがSF、ファンタジーになればさらに常識を覆した「ルール」が存在します。

 最近見た中では『仮面ライダーキバ』が、どうもルール説明がうまくいってない例のように思えます。二つの時代が交錯している展開らしいのですが、どうにもそれがハッキリとしない。一例を挙げると「床に2008と書いてるからこれから2008年の話」と言われても、ぜんぜんピンと来ないわけです。2話以降順次固めていけば問題ないわけですが、それがモタモタしてたら、どんどん視聴者を離してしまうのではないかと思うのです。

 人間の生存時間が有限である以上、すべての創作されたものを視聴するのは不可能、ゆえに「つまらない」を自己感知するのは本能的なことである。

 その「つまらない予測」を覆すためにも「いかにルール説明を速やかに行うか」は重要な要素ではないかと思うのでした。

|

渋谷すみやが閉店

1月31日で渋谷のサウンドトラック専門店すみやが閉店しました。

 昔はよく通っていたもので、『Uボート』や『ファイナルカウントダウン』のサントラを見つけたときは飛び上がるように嬉しかったと思います。最近もSFオムニバスアルバムの出来のイイモノを見つけたりとか ちなみにこれ 店頭ならではの発見も多かったです。

 ネットで便利になった分店舗を持つショップが次々と消えていくのは寂しいことです。すみやはまだ通販で営業するそうなので、出来るだけ利用しようと思います。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »