« ザ恋愛インタビュアー | トップページ | ブログ十戒 »

HDDVDは日本で勝てたかも知れない

 正直 HDDVDはもう頑張らなくて良いと思います。

 今となったらもう意味はないですが、国内ではまだなんとかなるんじゃないかと思った根拠としては録画マニアの存在があるから と考えました。身内をサンプリングしてもあまり意味はないですが、少なくとも知人関係の録画大好きな人間は高確率でRDユーザーが多かったからです。

 RDが支持された要因というのは、ビデオテープからの移行メディアとして最新だったことがありますが、RD布教家がいたるところにいたという点も大きいでしょう。客が客呼ぶ口コミアイテムとしてRDは強い支持がありました。

 さて、その録画マニアにとっては、録画物は人生そのものです。これを継承するためにもRDの血統をもつ東芝機を買うというのは宿命と言っても良いでしょう。 宿命でも懐具合と割引セールにはよく寝返ってますが。 すなわちHDDVDとブルーレイ機なら選択肢として東芝が主体となっているHDDVDが優位なわけです。ブルーレイソフトはPS3があれば充分なので、不利になることはありません。録画はHDDVD、再生はPS3という棲み分けは可能であったと思ってます。

 強いユーザーグーループを保持してる例としてはかってのベータがあります。録画機としては優れていたベータデッキも、大衆消費の波に飲み込まれて負け組となりましたが、それでもかなりの長期間ハードとしては頑張りました。結果的に大量の不燃ゴミを(以下略)

 LDがDVDにあっさり駆逐されたのは、同じものが次々ソフト化されたのも、あるんじゃないかと思います。

 実際問題としてブルーレイが過去の録画物を再生できないわけではないので、HDDVDのみが完全継承というのは一種の迷信というか盲信みたいなものですが、要因としては無視できぬものがあったかと思います。

 簡単に言うと合理主義市場のアメリカでは、HDDVDは魅力がないかも知れないけど、血統主義を重んじる日本のマニアユーザーはこれからのHDDVD市場を支えたかも知れない。という小理屈でした。

 ということで

 過去の録画物の完全継承(ファイナライズされていないものまで)&高画質化可能デッキがあったら、私はそこに寝返るつもり

|

« ザ恋愛インタビュアー | トップページ | ブログ十戒 »

新製品」カテゴリの記事