« つまらないの研究(2) | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »

ボーンアルティメイタム(ネタバレ)

 近くの川崎チネチッタが最終日と言うことで、あわてて行ってきました。公開は07年11月なのでロングラン興行と言えるでしょう。お客さんの入りも3割ぐらいとまあまあな感じ。

 前評判が高かったので、メインストーリーがありきたりなのに超がっかり。CIAの殺人マシーン計画なんか、B級映画にはいくらでもあるような話なので新鮮味がありませんでした。

「アメリカ人を不当にターゲットにする」という同胞殺しを良心の呵責無く行わせるというのがポイントなので、 これが政敵なのか、テロ容疑者なのか、意図的な社会混乱なのか、ただ単に外国要人暗殺の予行練習をアメリカ人で行っていたのか、などの政治的背景がもうちょっと描いて欲しかったです。

 ジェイソン・ボーンの非常識な強さがこの映画のウリなのでアクション映画としては文句ないのですが、フラッシュバックに近いような短時間のショットを繋げる演出方法は、ちょっと眼が追いつきません。ビルからビルへと移動する三次元移動が得意なやつなんですな。

 マット・デイモン(ボーン)vsセガール(いつもの超人)の元CIAバトルが見たいですが、やんないでしょうねー。

|

« つまらないの研究(2) | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221972/17750388

この記事へのトラックバック一覧です: ボーンアルティメイタム(ネタバレ):

« つまらないの研究(2) | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »