« アニメクライシス | トップページ | アニメ以外もクライシス »

レイトン教授と悪魔の箱(ネタバレ)

 終わったのでちょこっと感想。

・ナゾが数学的なもの、ミスリード自体をナゾ扱いする引っかけ問題などが増えていろいろ興ざめ。バニッシュとかナイトの冒険などの新機軸はとても良いです。

・前作のヒロインがウザキャラあつかい。 新ヒロイン?がいるせいかもしれませんが、なんか事件解明に一役あるとかあれば良かったのにと思います。

・例によって、ファンタジー落ち。こんな芸風なのは分かったのでもう怒りませんが、メインストーリーは解明されるトリック主軸でやってほしーなー。ポイントの抜けた話になぞなぞ障害あるだけじゃ物足りませぬ。「箱」にまつわる物語構成としてはちょっと穴がありすぎる気がします。

・関西弁ハムスターは、ミスマッチを狙って外した感。

 全体としては、大きく期待はずれな部分はなかったので。面白く楽しめました。

|

« アニメクライシス | トップページ | アニメ以外もクライシス »

ゲーム」カテゴリの記事