« 初音ミクの恨み節 | トップページ | いざコミケ »

魍魎の匣(微ネタバレ)

 昭和15年設定の映画を撮るにしてはアレやコレやとムリ有りすぎな感じです。 上海ロケとか某外郭放水路ロケとか…

 なによりも原作『魍魎の匣』ってのが一番ムリありますよ!

 原作ムードがブチ壊しな映画なのですが、これはこれで面白かったり。原作が「活字のダンス」とすると、それをトレースして映画にしようとした『姑獲鳥の夏』は「奇妙な踊り」だったと思うのです。『魍魎の匣』は「だったらすごい変な踊りしちゃうもんね!」という暴走チックな開き直りが感じられますので、映画屋さんの姿勢としてはぜんぜんオッケーだと思うのでした。

 原作至上主義を望むなら、観に行かない方が精神衛生上よろしいかと思います。

|

« 初音ミクの恨み節 | トップページ | いざコミケ »

映画・テレビ」カテゴリの記事